コラム

タイ「内戦」の愚かさ

2010年04月23日(金)12時35分

 タイの首都バンコクの金融街で22日夜、タクシン派のデモに反対する集会に小型砲弾が連続して打ち込まれ、3人が死んだ。

「小型砲弾」はM79グレネードランチャーと呼ばれる小型火器から発射されたとみられている。M79グレネードランチャーは米軍が開発した歩兵を支援するための武器で、主にベトナム戦争で使われた。

 今年1月と今月7日、バンコクの陸軍本部に同じM79グレネードランチャーが打ち込まれる事件があり、1月の事件では、警察がタクシン派の陸軍幹部の自宅を捜索した。

 アピシット首相が党首の民主党本部にも今月6日、M79グレネードランチャーから発射されたとみられる砲弾が打ち込まれ、警官2人が負傷した。22日にはバンコク郊外にあるジェット燃料貯蔵タンクにこの小型火器からの砲弾が打ち込まれた。

 必ずしもすべてがタクシン派の犯行ではないかもしれない。反タクシン派の自作自演の可能性もある。でも、殺傷力の強い小型火器が首都でこれほど頻繁に発射される国を「微笑みの国」と呼ぶのは、もはやブラックジョークでしかない。

 08年11月、反タクシン派の市民団体PAD(民主主義市民連合)が空港を占拠。タクシン派のソムチャイ政権を退陣に追い込み、アシピットが首相の座についた。当時、空港占拠によってタイ経済はマヒしかけた。

 今度はタクシン派がバンコクの金融街を占拠し、金融危機後ようやく出口の見えかけたタイ経済を人質に政権を奪還しようとしている(香港のアジア・タイムズによれば、タクシン派が金融街に居座っているのは、反タクシン派の企業の本社があるからでもある)。

 まだ誤解している人がいるかもしれないが、現在起きているタイの騒乱は民主化運動でも何でもない。極論すれば、都市中流層と農村貧困層の間のカネの奪い合いである。まともな国なら議会で話し合うところを、空港や金融街を占拠し、あげくの果てに内戦まがいの砲撃戦をやっている。

 アジア・タイムズの記者と話した経済アナリストや外国人投資家の間には、アピシット首相の退陣と元陸軍司令官のチャワリット元首相(77)の再登板を求める声があるという。

 収拾がつかなければ、また軍のクーデターが起きる可能性もある。すべてを力で解決しようとする国を、国際社会は民主主義国家と認めるべきではないと思う。

――編集部・長岡義博

プロフィール

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    東京都、26日の新型コロナウイルス新規感染270人 連…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!