Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2011.7.20号(7/20発売)

世界が語るフクシマ論

2011年7月20日号(7/20発売)

Cover Story

世界を揺るがした最悪の原発事故から4カ月余り──。
構造問題から脱原発まで、ポスト・フクシマ時代を読み解く

世界が語るフクシマ論

原発事故 世界が見つめるフクシマと日本の未来

政策 揺らぐニッポン「原子力立国」の夢

送電 原子力村から今こそ脱却すべき

大災害 無視されたメルトダウン警告

原子力 元凶は「安全<利益」の体質だ

脱原発 原発なき世界の危険な未来図

放射能 福島原発は廃炉にできない

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

マードック帝国を揺るがす赤毛の女

メディア 盗聴事件で逮捕されたマードックの秘蔵っ子はいかに権力を手にしたか
■盗聴 哀れな英国流「マスゴミ」文化
■ジャーナリズム とばっちりを食うWSJの苦悩
NewsBeast
InternationaList
Britain 渦中のメディア王国を継いだ男の過去
Italy イタリア債務危機、3つのシナリオ
Afghanistan カルザイ弟暗殺で南部が不安定化
Spain 欧州銀行のストレステストは大甘査定?
Brazil ブラジルの興隆でフォークランドが再燃
Saudi Arabia ドイツ戦車を買うサウジの思惑
THe United States 地球温暖化とともに湿度上昇?
Asia
India テロで再び遠のく印パの和平
China 「二人っ子政策」は中国を救うのか
Japan 南スーダンPKOに自衛隊は行けるのか
Thailand 1日10ドルの賃金を夢見るタイの現実
India 環境相が目玉のマイナー内閣改造
US Affairs
最悪の債務危機に備えるオバマのプランB
南カリフォルニア州が新たに誕生する日
史上最高の選挙資金でもオバマは笑えず
大統領は「静かな」銃規制を目指す
ハフィントン盗用騒動の正しい読み方
Business
「アマゾン税」反対、消費者心理が味方に
債券「格付けインフレ」の真相
ボーイングとエアバス、操縦士の好みは?
People
五輪でビートルズ再結成?ほか
FEATURES
アフリカ 前途多難でも明るい南スーダンの未来
宇宙 ポスト・シャトル時代の宇宙旅行
エンタメ ネットが殺すハリウッド
ノルウェー ゲイの王子様も戦うお姫様も

CULTURE
Movies ハリポタの悪役が語る苦悩
Movies J・アニストンの「オカマ」発言
Books オバマ父、悲しき挫折の物語
Art 辺境のキエフだからアートが面白い!
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中