Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2009.10.21号(10/14発売)

オバマはノーベル賞に値しない

2009年10月21日号(10/14発売)

Cover Story

就任1年目でしかないオバマ米大統領のノーベル平和賞受賞は、「時期尚早」以外の何ものでもない

主張 「あまりに軽いサプライズ受賞

視点 平和賞はブッシュのおかげ

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

国辱首相に退場勧告せよ

イタリア 醜聞や差別発言を連発し、政策には無関心──もうベルルスコーニを放置するな
分析 「悪魔」の首相も退屈よりはまし

タリバン8年間の真実

アフガニスタン 本誌記者が聞いた「アメリカの敵」の恐怖と希望と闘志
ディベート 専門家6人がアフガニスタン政策を徹底討論

格付け会社を噴火口に落とせ

経済 金融危機で問題点を露呈したムーディーズに改革要求が高まっている

ジンバブエ首相の終わらぬ戦い

アフリカ 宿敵ムガベの下で首相を務めるツァンギライが胸に秘めた「国家再建」
  

その男の名はハムレット

舞台 ジュード・ロウも挑戦するシェークスピア作品が今も人々を魅了する理由
  

最もグリーンなアメリカ企業100

格付け CO2排出量、温暖化対策、専門家の評価を基にエコ度を判定
  
Society & The Arts
スポーツ 地雷の跡にホールインワン
雇用 就活はハルクにおまかせ
サイエンス 進化論の番犬がほえる
心理 女が「その気」になるとき
建築 ダラスは芸術の都になれるか
音楽 音を超えた「C音」の魔力
文学 人気作家ホーンビィが暴く教養の嘘
作家 庶民派ワイルダーの洞察力
テレビ 吸血鬼スターは北欧育ち
映画 新イスラエル映画の迫力度
World Affairs

米戦略 アフガニスタン増派は逆効果

イギリス 英保守党を待つ陰鬱な夜明け

ロシア 再び火を噴く「カフカス内戦」

米外交 パキスタンを振り回すな

フランス 絶好調サルコジの大誤算

MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 10

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中