Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2013.12.24号(12/17発売)

特集:中国の最終目標

2013年12月24日号(12/17発売)

Cover Story

防空識別圏で先鋭化した日米との対決姿勢
西太平洋での覇権確立に向けた中国の緻密な計略を探る

東アジア 中国が防空識別圏に秘めた意図

アメリカ オバマの対中政策は迷走中

視点 中国の野望を止めるのは日本

特定秘密保護法と妄想報道の罪

日本 メディアの感情的な批判キャンペーンで見失われた論点
インタビュー 秘密保護法、その虚像と実像
PERISCOPE
InternationaList
THAILAND 涙の会見でも鎮まらない反政府デモ
UKRAINE プーチンの「ムチ」がデモに火を付けた
INDIA 同性愛を禁じるインドの時代錯誤
PALESTINE 水不足解消で小さく前進する中東外交
SPAIN 景気回復スペインを楽観できない理由
NORTH KOREA 血の粛清後に待つ2つのシナリオ
IRAN イラン穏健派政権の裏の顔
BY THE NUMBERS 今この瞬間も死刑が
U.S. Affairs
ブッシュ時代より超格差社会が加速中
GM初の女性CEOの意味
Business
ボルカー・ルールは銀行縮小の大きな一歩
People
オバマたちの「セルフィー」は不謹慎?、ほか
FEATURES
CONFLICT 紛争はやまず、人道危機は深まる
MAYHEM 希望を求める声が惨劇に変わる日
POLITICS リーダーの迷走、指導者の台頭
TERROR 今も世界を苦しめるテロリストの憎悪
SOCIETY 感動と驚愕に世界を巻き込んだ主役
PERSPECTIVES マンガと名(迷)言で振り返る13年
CULTURE
Movies アーティスト夫婦、愛と闘いの40年
Movies トルナトーレ監督の極上ミステリー
Exercise 賢い靴下があなたの走りを分析する
Fashion 大学アメフトはファッションショー
Music これが音符1億個の衝撃

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!