Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2013.10.22号(10/16発売)

亡国のアメリカ 自壊する超大国

2013年10月22日号(10/16発売)

Cover Story

政府閉鎖と債務上限問題で迷走するアメリカ
その最大の敵は今やアメリカ自身だ

米政治 超大国アメリカの苦悶

余波 統計データ不在で米経済は目隠し飛行に

債務上限 米デフォルト危機、そのホントとウソ

政治家 共和党の破壊神、テッド・クルーズって?

提言 過激派が牛耳る絶望の共和党

軍事 米軍がシャットダウンで直面する緊急事態

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ママを悩ますフェイスブック

子育て ママ友の「自慢」や「忠告」が深刻な育児ストレスに
NEWSBEAST
InternationaList
PAKISTAN 若きヒロインはノーベル賞を逃したが
THE UNITED STATES 
   次期FRB議長イエレンの実力は
ARGENTINA 脳出血アルゼンチン大統領の正念場
ICELAND アイスランドが借金を返せないって!?
LIBYA リビア首相拉致、背景は米軍への報復
SYRIA ノーベル賞OPCWがシリアで直面する難題
QATAR カタールW杯にゲイ権利団体がNO!
GREAT BRITAIN アルツハイマー治療に希望が
BURKINA FASO 
   子供を救う世界初のマラリアワクチン
Asia
SOUTH KOREA 内乱陰謀罪は韓国与党の陰謀か
Business
エアバスが日本の空を制する日
アマゾンの新キンドルはネクサスよりお得?
People
トム・ハンクスが太る役作りを封印、ほか
FEATURES
中国 積極的でも針路なき習外交
犯罪 闇市場に消える7万人の子供たち
中国経済 上海経済開放区はパンドラの箱か
人物 世界経済は女性で回る
ルポ 厳戒下のダマスカスに暮らす
テクノロジー 怪しい医療アプリを規制せよ
科学 ゲノム新薬開発、期待外れの10年
情報 国家の秘密を暴く一匹狼
交通 渋滞を生むドライバーの勘違い
CULTURE
Books 『シャイニング』、36年目の続編
Music 不思議で静かなデュオ再始動
Movies 『もうひとりの息子』が描く葛藤と共存
Food 世にも奇妙な珍味カクテル
Fashion 「世界最高齢の少女」が語る
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中