ニュース速報

ワールド

仏ニースで教会襲撃、3人死亡し首切断も テロ警戒の兵士増員へ

2020年10月30日(金)08時35分

 10月29日、フランス南部の都市ニースで、刃物を持ったチュニジア国籍の男が教会を襲撃し、3人が死亡、うち女性1人は頭部を切断された。ニースの現場付近で撮影(2020年 ロイター/Eric Gaillard)

[ニース/パリ 29日 ロイター] - フランス南部の都市ニースで29日、刃物を持ったチュニジア国籍の男が教会を襲撃し、3人が死亡、うち女性1人は頭部を切断された。当局によると、容疑者はアラビア語で「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら犯行に及んだ。警察に狙撃され、重体という。

マクロン大統領は、フランスがイスラム主義者のテロ攻撃を受けたと非難した上で、礼拝所や学校など重要施設を警護するため数千人の兵士を増員すると表明。「フランスは、自らの価値観や自由への志向、信仰の自由に対して攻撃を受けた。われわれは自らの立場を一歩も譲るつもりはないと改めて明言する」と述べた。

カステックス首相は、国内のテロ警戒水準を最高に引き上げた。

警察関係者によると、現地時間午前9時ごろ、刃物を持った男が市内にあるノートルダム教会に侵入し、居合わせた管理人の喉を切りつけたほか、年配の女性の首を切断し、さらにもう1人の女性に重傷を負わせた。

エストロジ市長は記者団に対し、管理人と年配の女性はその場で死亡し、もう1人の女性も近くのカフェに逃れた後、息を引き取ったと明らかにした。また犯人は警官によって狙撃され、身柄を拘束された後、病院に搬送されたが、生存しているとした。男は拘束後も「アラー・アクバル」と叫び続けていたという。

約2週間前にはパリ郊外の中学校の歴史教師がイスラム過激派とみられる18歳の容疑者に首を切られ殺害される事件が発生したばかり。教師がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を授業で生徒に見せたことが引き金になったとみられる。

対テロ検察官のジャンフランソワ・リカール氏はニースの事件に関し、容疑者はチュニジア国籍の1999年生まれの男性で、アフリカからの移民の「玄関口」であるイタリア南部ランペドゥーザ島から9月20日に欧州に入ったという。

チュニジア治安当局とフランス警察の両方の関係筋は、容疑者の名前をブラヒム・アウイサウイ(Brahim Aouissaoui)とした。

リカール氏は会見で、容疑者は29日朝に列車でニースに入り、教会に向かったと説明。現在、病院で治療を受けているが重体だとした。

チュニジアの攻撃・暴力に特化した裁判所の広報担当者はロイターに、アウイサウイ容疑者は9月14日にボートで出国したと述べ、チュニジア当局が科学的な捜査を開始したと明らかにした。

ニースのエストロジ市長は、今回の教会襲撃は、パリ郊外の歴史教師斬首事件と類似していると指摘した。

29日はイスラム教の預言者ムハンマドの誕生日に当たり、同教の祝日だった。フランス当局が風刺画を描いたり掲載する権利を擁護していることに対し、イスラム教徒からの反発が強まっており、イスラム教徒が多数を占める国では反仏デモが起きている。

トランプ米大統領はニースでの襲撃事件を受け、ツイッターに「イスラム過激派のテロ攻撃を直ちに停止する必要がある。フランスやその他のどの国も長くは我慢できない!」と投稿した。

英国やオランダ、イタリアなどと並んでトルコもニースの襲撃事件を非難。トルコのエルドアン大統領は今週、国民に対しフランス製品をボイコットするよう呼び掛けると同時に、欧州連合(EU)首脳に対しマクロン大統領の「反イスラム」政策を止めさせるよう訴えていた。

トルコの大統領広報部長はイスラム教をテロの文脈で使うべきではないと強調し、「フランス首脳にはイスラム教徒に対するさらなる扇動的な発言を回避し、その代わり、今回も含めた暴力行為の犯人を見つけることに集中するよう呼び掛ける」とした。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

シンガポール、隔離なし渡航9月開始を検討 8月に行

ビジネス

バイナンス、豪ドル・ユーロなどの仮想通貨証拠金取引

ワールド

中国、食品配達サービスの配達員待遇改善を義務付け

ワールド

チュニジア大統領が首相を解任、新首相と行政権行使へ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中