ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4日現在)

2020年04月04日(土)07時09分

米デルタ航空とジェットブルー・エアウェイズは3日、米政府に対し従業員の給与支援を申請した。アラバマ州バーミンガムで3月撮影(2019年 ロイター/Elijah Nouvelage)

[4日 ロイター] -

> 米デルタ航空など、米政府に従業員の給与支援を申請 新型コロナ対策

米デルタ航空とジェットブルー・エアウェイズは3日、米政府に対し従業員の給与支援を申請した。給与支援は新型コロナウイルス感染拡大を受けた運航停止による危機を乗り切るためのもの。ただ両者は支援は「十分ではない」としている。

> 新型コロナで世界経済停止、金融危機より深刻な景気後退=IMF専務理事

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は3日、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的な経済活動は停止し、世界経済は約10年前の金融危機時よりも「はるかに深刻な」景気後退(リセッション)に陥るとの見方を示した。

> カナダ、トランプ氏を批判 3M医療マスク輸出制限巡り

カナダ政府は3日、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、米複合企業スリーエム(3M)の医療用マスク輸出阻止に向けたトランプ大統領の動きを批判した。

> 米バンカメ、中小支援へ申し込み殺到 「既存顧客優先」に批判も

米政府の新型コロナウイルス経済対策の一環である3500億ドルの中小企業支援制度(PPP)の運用が3日始まった。米銀バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は、企業からの融資の申し込みが殺到していると表明した。ただモイニハン最高経営責任者(CEO)が既存顧客への融資を優先する考えを示したことで、早速同行に批判が集まっている。

> 米雇用者数、新型コロナ危機下で悪化へ=リッチモンド連銀総裁

米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は3日、ブルームバーグニュースとのインタビューで、新型コロナウイルスの持続的な感染拡大下において米国の雇用者数は悪化するが、その後改善するとの見方を示した。

> WHO、新型コロナ抑制に広範なマスク利用の効用を示唆

世界保健機関(WHO)は3日、新型コロナウイルスに対応するに当たりマスクの使用を主に医療関係者に集中させる必要があるとの見解を変えていないとしながらも、手作りのマスクの使用やその他の手段で口元を覆うことが感染拡大抑制の一助になる可能性があるとの見解を示した。

> 仏、新型コロナ死者6500人超 病院での増加ペース過去最高

フランス保険当局は3日、新型コロナウイルス感染により病院で死亡した患者数が588人増え、合計5091人になったと発表した。1日当たりの死者増加数は過去最多となる。

> 米陸軍、650超の施設調査 新型コロナ対応での活用視野

米陸軍工兵隊のトッド・セモニート総司令官は3日、新型コロナウイルスに対応する施設として利用するために、国内650カ所以上の施設を調査したと発表した。一部は感染者の治療施設としての利用も視野に入れているという。

> 米仏、国連安保理常任国による首脳会議開催へ電話協議

トランプ米大統領とマクロン仏大統領は3日、電話会談し、国連安全保障理事会の常任理事国5カ国が新型コロナウイルス対策における国連の協力強化について協議するため、首脳会議を開く案を話し合った。

> 英女王、5日に国民向け演説へ 新型コロナ感染拡大巡り

英王室は3日、新型コロナウイルス感染拡大を巡り、エリザベス女王(93)が5日にテレビ・ラジオ放送を通じ国民向け演説を行うと発表した。

> ロシア中銀に利下げ余地、新型コロナで物価上昇抑制=総裁

ロシア中央銀行のナビウリナ総裁は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け物価上昇が抑制されるとみられるため、年内に利下げを実施する余地はあるとの見方を示した。

> 米FRB議長、2月にトランプ氏と2回電話会談 緊急利下げ前

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が2月にトランプ大統領と2回にわたり電話会談を行っていたことが、3日公表されたスケジュール表から明らかになった。

> 米フォード、欧州での生産停止延長 少なくとも5月4日まで

米自動車大手フォード・モーターは3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、欧州の製造拠点の大半で実施している自動車およびエンジンの一時的な生産停止措置を少なくとも5月4日まで延長すると発表した。

> 独首相、移動制限解除は時期尚早 新型コロナ拡大鈍化の兆しでも

ドイツのメルケル首相は3日、新型コロナウイルスの感染拡大がやや鈍化している兆候はあるものの、国内の移動制限を解除するには時期尚早との見方を示した。

> イタリア、新型コロナの死者・感染者数は横ばい

イタリア当局は3日、新型コロナウイルス感染症による死者が766人増え、1万4681人に達したと発表した。死者数は前日の760人から増加した。

> 世界のマスク市場が「無法化」、米の買い占めに各国が懸念も

新型コロナウイルスに対応する医療従事者を守るためのマスクを確保する動きが世界中で加速しており、マスク市場は「ワイルド・ウエスト」(無法で粗野な米国開拓時代)と化している。米国が既に契約を結んだ他国よりも高い価格を払って買い占めるケースも見られている。

> 米雇用3月は70.1万人減、9年半ぶり減少 失業率4.4%に悪化

米労働省が3日発表した3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月から70万1000人減と、前月の27万5000人増(改定)からマイナスに転じ、市場予想の10万人減を大幅に超える落ち込みとなった。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた外出制限措置などが経済活動の停滞につながり、米経済のリセッション入りを示唆した。

> NY州、新型コロナの1日死者数が最多に 全米感染者は24万人

米ニューヨーク州のクオモ知事は3日、新型コロナウイルス感染症による死者が24時間で562人増え、計2935人に達したと発表した。1日の死者数としては最多となる。

> EMA、米ギリアドの抗ウイルス薬を推奨 新型コロナ治療で

欧州医薬品庁(EMA)は3日、新型コロナウイルスの治療薬の候補である米バイオ医薬品大手ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」をコンパッショネート使用プログラムを通じて使用することを推奨すると発表した。

> IMFとWHO、途上国に医療支出優先を要請 新型コロナ対策で

国際通貨基金(IMF)と世界保健機関(WHO)は3日、発展途上国の首脳らに対し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)への対応で、医療従事者への給与支払いや医療用保護具の購入など医療関連の支出を優先するよう要請した。

> 香港金融管理局、銀行預金準備を半減 新型コロナ対策

香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)は3日、銀行の預金準備を半分に引き下げると発表した。これにより銀行の融資能力は2000億香港ドル拡大され、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている中小企業の流動性問題の軽減に役立てたい考え。

> 新型コロナ感染の英首相、隔離を継続 発熱症状続く

新型コロナウイルス感染を明らかにした英国のジョンソン首相は3日、感染公表から1週間が過ぎても発熱などの症状があるとして、隔離措置を続ける意向を示した。

> スペイン、新型コロナ感染者11.8万人でイタリア抜く 世界2番目

スペインで3日、新型コロナウイルス感染者が累計11万7710人に達し、イタリアを超えて、米国に次ぎ世界で2番目の高水準となった。

> 米雇用喪失、新型コロナ対策に起因=SF連銀総裁

米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は3日、3月の雇用統計で確認された大幅な雇用減は新型コロナウイルス感染拡大抑制策によるもので、こうした対策自体は経済の迅速な回復を支援するものとなるとの見解を示した。

> 米地銀、700件超の中小企業向け融資実施 計250万ドル=財務長官

ムニューシン米財務長官は3日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)下での経済活性化に向け、地方銀行が700件を超える中小企業向け融資をすでに実施したと述べた。融資額は合計で250万ドルという。

> コロナ感染抑制にマスク着用推奨、対人距離も必要=米政府専門家

米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は3日、新型コロナウイルスの感染拡大抑制に向け、外出する際は他人との間に適切な距離を取る措置に加え、マスクなどで顔を覆うことを推奨すると述べた。

> 米3M、マスクの生産・輸入増加表明 トランプ氏の批判「正しくない」

米複合企業スリーエム(3M)は3日、新型コロナウイルスの感染防止に必要なマスクの輸入を増加させると表明した。

> 在日米大使館、日本の新型コロナ感染急増の可能性巡り注意喚起

在日米国大使館は3日、日本国内で新型コロナウイルス感染者急増の恐れがあるとし、日本に滞在する米国人に対し即時の帰国を検討、もしくは不確定期間にわたり米国外に滞在する可能性に備えるよう注意を喚起した。

> 英総合PMI改定値、3月は過去最低の36 サービス業の打撃深刻

IHSマークイット/CIPSが発表した3月の英総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は、調査開始以来最低となった。3月後半に新型コロナウイルス対策として経済活動を制限する措置がとられたことが響いた。

> シンガポール、学校や職場を1カ月閉鎖 新型コロナ対策

シンガポールのリー・シェンロン首相は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるための対策強化の一環として、スーパーマーケットや銀行など必要不可欠なサービスを除くほとんどの職場や学校を1カ月閉鎖すると発表した。

> グーグル、131カ国の外出データを公表 新型コロナ対策

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて多くの政府が国民の外出を制限をする中、米アルファベット傘下のグーグルは2日、店舗・公園・職場への外出が減っているかどうかを示す131カ国のデータを公表した。

> 伊サービスPMI、3月は17.4で過去最低 新型コロナが影響

IHSマークイットが発表した3月のイタリアのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)は17.4となり、2月の52.1から急低下した。景況の拡大・悪化の分かれ目となる50を一気に割り込み、1998年1月の調査開始以来の低水準に沈んだ。ロイターがまとめた市場予想の中央値(22.0)も下回った。

> スペインのサービスPMI、3月は23.0 史上最低水準に急低下

IHSマークイットが発表した3月のスペインのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)は23.0で、前月の52.1から急低下。史上最低水準に下落した。

> 中国、外国の外交官に北京に来ないよう勧告 新型コロナ対策

中国外務省は諸外国の外交官に対し、北京に来ないよう勧告している。華春瑩報道官が3日、定例会見で明らかにした。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

原油先物、米抗議デモ拡大で下落 OPEC会合前倒し

ワールド

韓国ソウル近郊の物流施設で感染拡大、ソフトバンクG

ワールド

イタリア著名医師「新型コロナは威力失った」、政府は

ワールド

「人々は経済より重要」 ローマ教皇が新型コロナ危機

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!