ニュース速報

ワールド

トランプ大統領「米国での新型ウイルスリスク低い」 CDCは警告

2020年02月27日(木)13時22分

 2月26日、トランプ米大統領は26日、新型コロナウイルスが米国人にもたらすリスクは「依然として非常に低い」との認識を示した。写真は記者会見の最中に書類を見せる大統領(2020年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン/ニューヨーク 27日 ロイター] - トランプ米大統領は26日、新型コロナウイルスが米国人にもたらすリスクは「依然として非常に低い」との認識を示した。また、政府の新型ウイルス対策の責任者にペンス副大統領を任命すると発表した。

ホワイトハウスで開かれた記者会見でトランプ氏は、政府の対応の妥当性を主張し、感染が拡大すれば保健当局は迅速に行動する「用意があり、それが可能だ」と指摘。「感染が拡大すれば、われわれは状況に適応し、あらゆる必要策を講じる用意がある」と強調した。国内の流行は不可避ではないとした。

新型ウイルス対策の予算措置では、議会が適切と判断した額を受け入れる考えを示した。新型ウイルス感染が広がるイタリアや韓国などに対する渡航制限については、可能性を排除しないが、今は適切な時期ではないと語った。

米疾病対策センター(CDC)は26日、新型コロナウイルスについて、国内のコミュニティーでの感染拡大の可能性を警告した。CDCによると、カリフォルニア州で、感染国・地域への渡航歴がなく、感染者との接触もないとされる人が感染していることが確認された。米国での感染者数は合計で15人となった。コミュニティーでの感染拡大とは、感染源が不明な疾病が広がることを指す。

アザー厚生長官は、米国内の新型コロナウイルス感染者が累計で59人になったと発表した。このうち42人はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」からの退避者だという。

米食品医薬品局(FDA)のバイオ医薬品評価研究センターのディレクター、ピーター・マークス氏はインタビューで「パンデミック(世界的な大流行)の可能性を警戒する必要がある」と述べた。

民主党のペロシ下院議長は声明を発表し、トランプ政権が「新型ウイルスの感染拡大に不透明で支離滅裂な対応をした」と批判。下院は「透明性があり、説明責任を果たし、この公衆衛生上の危機の規模と深刻さに十分に対処できる財政支援措置」を策定すると表明した。

トランプ氏は、新型ウイルスを巡る懸念が株式市場に打撃を与えたと指摘したうえで、野党・民主党の大統領選候補指名を争う候補者たちも投資家を不安にさせていると批判した。

民主党の候補者絞り込みに向けた討論会で「候補者たちが恥をさらしていることに、金融市場は非常に嫌気がさしているのだと思う」と述べた。

トランプ政権は議会に新型ウイルス対策として25億ドル規模の予算措置を要請。民主党の上院トップ、シューマー院内総務は26日、これをはるかに上回る85億ドルを提案した。

トランプ氏は「適切であればどのような額でも」支出すると述べた。

ある議会筋は、民主党が多数派を占める下院は3月12日からの議会休会を前に、新型ウイルス緊急対策予算案の審議前進を図る見通しだと明らかにした。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

中国、経済安定化で豊富な政策手段 新型コロナの影響

ワールド

米政権の新型コロナ顧問、「社会的距離の指針」順守を

ワールド

ブラジル、新型コロナ対策で米中などに支援と協力要請

ビジネス

日経平均は小幅に5日ぶり反発、手控えムード 米経済

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!