ニュース速報

ワールド

対中関税、第2段合意まで一部継続と米財務長官

2020年01月15日(水)15時22分

1月14日、ムニューシン米財務長官(写真)は、フォックステレビとのインタビューで、米中通商交渉の第1段階合意について、為替操作を行わないという中国の誓約も含めて完全に強制力のあるものだと説明した。ホワイトハウスでの記者会見で2019年10月撮影(2020年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 14日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は14日、フォックステレビとのインタビューで、米中通商交渉の第1段階合意について、為替操作を行わないという中国の誓約も含めて完全に強制力のあるものだと説明した。ホワイトハウスでトランプ米大統領と中国の劉鶴副首相が15日に合意文書に調印し、文書を公表すると述べたが、公表内容については不透明感が漂っている。

ムニューシン長官は、この合意に基づき、中国は今後2年で2000億ドル相当の米国の製品・サービスを購入するとし、第2段階合意で構造改革への取り組みが行われれば、米企業や農家は一段の恩恵を受けると説明。

米国は昨年12月の第1段階合意により、12月15日に予定していた追加関税の発動を見送り、同年9月に発動した制裁第4弾1200億ドルへの税率を半分に引き下げる。それ以外の2500億ドルに対する25%の関税は維持する。

米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表とムニューシン長官は14日の共同声明で、対中関税の将来的な引き下げは合意に含まれていないと明らかにした。[nL4N29J4BG][nL4N29J1JW]

ムニューシン長官はインタビューで、第2段階の通商合意が完了するまで中国製品に対する関税を継続する方針も示した。第1段階合意とは別に米中が合意をとりまとめたとの観測に関し「附帯合意はない。大統領が関税を引き下げるのは、同じく強制力を伴う第2段階の合意ができたときだ」と述べた。

<合意文書公表に不透明感>

ただ、合意内容がどの程度公表されるか不透明感が漂っている。

ムニューシン長官は14日のインタビューで「あす文書(documents)を公表する予定で、非常に詳細な紛争解決プロセスが盛り込まれていることが分かるだろう」と述べた。

ここで長官は「text」でなく「documents」という言葉を使った。

米中協議について説明を受けた業界関係者は、合意の全文書(full text)が15日に公表されない可能性が依然あると指摘。「合意全文書は公表されない兆しがある。中国側が具体的なコミットに全てを満たす立場にはないとの懸念があるためだ」と述べた。

合意文書について、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は13日、翻訳作業はまだ続いているが、概ね終わっており、15日の調印前には公表する見通しを示した。

USTR高官を務め、現在はバークリー・リサーチ・グループのパートナーであるハリー・ブロードマン氏は、中国語への翻訳が1カ月以上もかかっているのは驚きと述べた。同氏によれば、文書の公表が調印後になるのは異例ではないが、これだけ翻訳に時間がかかるのは気になるという。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!