ニュース速報

ワールド

新NAFTA、労働関連規定の実効性確保が批准の条件=米下院議長

2019年11月20日(水)12時36分

 11月19日、ペロシ米下院議長(写真)は、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定のUSMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)を支持するには、労働者に関する規定の実効性確保が条件になるとの立場を示した。写真はワシントンで撮影(2019年 ロイター/Erin Scott)

[ワシントン 19日 ロイター] - ペロシ米下院議長は19日、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定のUSMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)を支持するには、労働者に関する規定の実効性確保が条件になるとの立場を示した。

ペロシ氏は前週、USMCAについて、トランプ政権との協議で近く合意する可能性があると述べ、年内の下院通過を目指すと表明した。[nL4N27U61X]

しかし、USMCAに批判的な米労働総同盟産別会議(AFL─CIO)のトラムカ会長との会合後、「通商代表部(USTR)代表が米国の労働者のためにUSMCAの実効性を確保すれば、合意できる」との声明を出し、前週の発言からトーンを変えた。声明は同会合に同席した下院歳入委員会のニール委員長(民主党)と共同で出した。

トランプ大統領や政権高官は同日、ラジオ番組のインタビューやソーシャルメディアへの投稿を通じ、USMCA批准に向けペロシ氏や議会への圧力を強めた。

民主党は労働者や環境保護に関する規定の実効性を高めるよう求めているが、政権側はこれを政治的な動きとして拒否している。

トランプ大統領はこの日、ペロシ氏はUSMCA批准法案を「机の上から離す」こともできないとし、「弾劾の票数を確保していないからUSMCAを利用している」だけだと批判した。

ある関係筋によると、ペロシ氏は新たに当選した民主党議員約40人との会合にトラムカ会長を招待した。トラムカ氏は、労組側はメキシコ政府が労働改革を実施・継続する能力があるのかをなお疑問視していると述べ、現在が協議の「最重要」局面だとして結束の必要性を訴えた。

会長は18日に組合員に対し、NAFTAは「労働者にとって災難」だったと強調した上で、ホワイトハウスとの協議に一定の進展はあったものの、USMCAの議会可決への機は熟していないと述べていた。

AFL─CIOの広報担当から入手した発言要旨によると、トラムカ氏は協定批准に向け主要な問題で主張を曲げるよう圧力があると語った上で、譲歩を否定。「新協定が真に実効性があると政権が書面で示せるまで、まだやることはある」と述べた。

ロス商務長官は19日、新協定の環境や労働者保護の規定について、これまでの貿易協定よりはるかに厳しいものを含んでいるとし、「ペロシ議長が議会に上程すれば、圧倒的多数で承認されると信じている」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

〔情報BOX〕九州の豪雨でトヨタ、マツダなどの工場

ワールド

メキシコ、新型コロナ流行は来年4月まで続く可能性=

ワールド

香港の学校、国安法違反の教材は使用すべきでない=当

ビジネス

米政府の中小企業支援策、投資銀行に多額の融資承認

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!