ニュース速報

ワールド

アングル:米大統領選に向け早くも始動、候補者は誰か

2018年11月10日(土)09時58分

 11月7日、米中間選挙で下院の多数派を奪回した野党・民主党は、2020年の次期大統領選に向けて動き始めた。写真はウォーレン上院議員。8月、ルイジアナで撮影(2018年 ロイター/Jonathan Bachman)

John Whitesides

[7日 ロイター] - 米中間選挙で下院の多数派を奪回した野党・民主党は、2020年の次期大統領選に向けて動き始めた。ただ、現時点では際立って目立つ候補は見当たらず、20人以上の候補者名が浮上したり可能性を探り始めたりしている。

民主党、共和党で候補者となりそうな人物は以下の通り。

<民主党>

●バイデン前副大統領

下馬評では最も人気が高い候補。オバマ前大統領に8年間仕えた経験から、出馬すれば優秀なスタッフや寄付者を確保して、幅広い支持層を取り込むとみられる。ただ、75歳と高齢のため、若手の候補者を求める党の方針にはそぐわず、オバマ氏との強固な関係は共和党からの攻撃対象となるリスクがある。

●サンダース上院議員

バーモント州選出の上院議員で77歳。2016年の大統領予備選でヒラリー・クリントン元国務長官と候補指名を争い、当時から根強い支持者が多い。国民皆健康保険や所得格差の是正、公立大学無料化などを訴え、サンダース氏の主張で党の方針に採用された措置も多い。ただ、2年前に民主党主流派と対立して予備選を戦った禍根から、候補者となるには反対の声が強まる可能性もある。

●ウォーレン上院議員

マサチューセッツ州選出の上院議員で、急進派、69歳。米大手金融機関に厳しい姿勢で臨み、消費者金融保護局(CFPB)の設立で重要な役割を担った。ただ、トランプ大統領の中傷に対抗するため、遠い祖先に米先住民(インディアン)がいたことを証明するためDNA鑑定を受けて結果を公表したことに批判の声も強く、党内では政治手腕を疑問視する声も上がっている。

●ハリス上院議員

カリフォルニア州選出の1期目の上院議員で、54歳。トランプ氏が連邦最高裁判事に指名したカバノー氏の性暴力疑惑を厳しく追及した姿勢や、政治資金団体からの献金を受け取らないと宣言したことは、活動家から称賛された。ただ、国政ではまだ新顔のため、共和党による攻撃を避けながら知名度を向上させるのが課題だ。

●ブッカー上院議員

ニュージャージー州選出の2期目の上院議員で黒人、49歳。ニューアーク市長を務めていた際に、火災で燃えている隣家に飛び込んで隣人を助け出したことで有名になった。一部のリベラル派は、金融業界との密接な関係や、処方薬の価格低下につながる法案に反対したことを問題視している。

●オルーク下院議員

テキサス州選出の3期目の下院議員で46歳。保守派の牙城、テキサス州の上院選で共和党のクルーズ議員を追い詰めたことで主力候補として急浮上。上院選では敗れたが、過去最大級の選挙資金を集めた。ただ、大統領選は未経験。

●ジルブランド上院議員

ニューヨーク州選出の上院議員で51歳。性被害を告発する「#MeTOo」運動で先頭に立った。だが昨年、クリントン元大統領はホワイトハウスの実習生だったモニカ・ルインスキさんとの不倫騒動が発覚した時点で辞任すべきだったと発言して非難を浴び、クリントン氏の支持者との間で溝が生じている。

●ブルームバーグ前ニューヨーク市長

76歳。大富豪で知名度も高く、銃規制への取り組みも活動家から支持されている。だが、金融業界に厳しい民主党の方針に反対していることや、「#MeToo」運動への懐疑的な姿勢が、一部の革新派からは支持されない可能性がある。

●クオモ・ニューヨーク州知事

60歳。9月の州知事予備選では、女優のシンシア・ニクソン氏に圧勝した。

●ホルダー元司法長官

オバマ前政権で黒人初の司法長官を務め、選挙区を特定の政党に有利になるよう区割りする問題に対処する委員会を立ち上げた。67歳。10月に共和党を揶揄する発言をし、共和党・民主党双方から非難の声が上がった。

●クロブシャー上院議員

ミネソタ州選出の2期目の上院議員で58歳、元検察官。連邦最高裁判事に指名されたカバノー氏を公聴会で追い詰め、喝采を浴びた。

●マコーリフ前バージニア州知事

61歳。ビル・クリントン、ヒラリー・クリントン両陣営で選挙参謀を務め、2001─05年には民主党全国委員会の委員長でもあった。献金者や有力民主党議員に人脈が広い。

●ブロック・モンタナ州知事

52歳。大統領選出馬への関心を表明している。

<共和党>

●トランプ大統領

72歳。すでに「米国を偉大に保つ」とのスローガンを掲げ、1億0600万ドルもの選挙資金も集めたとされる。

●ケーシック・オハイオ州知事

トランプ氏に批判的な66歳で、16年の大統領予備選で敗退した。次回の大統領予備選出馬の可能性については、明確には否定していない。トランプ陣営からの反発を念頭に、ケーシック氏の支持者は同氏を独自候補として擁立することも検討している。

●フレーク上院議員

アリゾナ州選出の1期目上院議員で55歳。トランプ氏批判を展開したあと、再選を目指さないと表明した。トランプ氏の熱烈な支持者が多い共和党予備選に出馬しても、苦戦すると予想される。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    次の戦争では中・ロに勝てないと、米連邦機関が警告

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!