ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州に大攻勢

2022年11月26日(土)08時07分

11月12日、 中国の電気自動車(EV)メーカーは欧州市場に狙いを定め、トップクラスの安全性評価と山盛りのハイテク機能を備え、より安価な製品で顧客を勝ち取る構えだ。写真は小鵬汽車のP7。ニューヨーク証券取引所前で2020年8月撮影(2022年 ロイター/Mike Segar)

[ソリフル(英イングランド中部) 21日 ロイター] - 中国の電気自動車(EV)メーカーは欧州市場に狙いを定め、トップクラスの安全性評価と山盛りのハイテク機能を備え、より安価な製品で顧客を勝ち取る構えだ。

この数カ月間で幾つかの中国EVメーカーが、欧州における新型車の安全性評価プログラム「Euro NCAP」で最高評価の5つ星を獲得した。5つ星を得るためには法律で定められた基準をはるかに越える高い安全機能を装備する必要がある。

5つ星を手に入れる中国メーカーは、さらに増えそうだ。

中国の新興EVメーカー、小鵬汽車(シャオペン)のブライアン・グー社長は「中国の全EVメーカーが欧州市場での競争力を高めるため、Euro NCAPの5つ星を得たいと考えている」と述べた。

小鵬は来年、オランダやノルウェーなど欧州4カ国でEVの販売を正式に開始する。

保険会社が設立した英自動車調査団体、サッチャム・リサーチのディレクター、マシュー・アベリー氏は、中国EVメーカーは販売の過程で安全性が非常に重要な役割を果たすという認識を持っている、と述べた。

中国製自動車は2006年と07年に衝突試験で不合格となり、安全性に問題があるとの印象が広がった。そのためEuro NCAPの5つ星取得は、欧州における品質への懸念を一掃する上で鍵と目されている。

販売面でより重要なのは、高い安全性評価を手に入れることで、レンタカー業者など法人にまとまった台数を販売する、潜在的に巨大な「フリート販売」市場の開拓に道が開かれる点だ。

ドイツ、フランス、英国など主要市場は、自動車販売の約半分をフリートが占め、多くの法人顧客は安全性を重視する。

<EV化進めるレンタカー会社>

さらにレンタカー会社などの法人顧客の多くは、持続可能性目標を達成するためにEVへの移行を望んでいる。しかし、供給網の問題から一部のモデルが納車まで1年以上の「待ち」になるなど、欧州で十分な量のEⅤを手に入れるのは難しい。

需要の高まりを背景に、欧州メーカーはEVの価格を引き上げ、法人顧客向けよりも利益率が高い一般顧客向けに軸足を置くことが可能になり、中国メーカーにチャンスが生まれた。

例えば、ドイツのレンタカー会社・シクストは10月、中国EV大手の比亜迪(BYD)から約10万台のEVを調達し、手始めとして同月にEuro NCPAの5つ星を取得したスポーツタイプ多目的車(SUV)、「ATTO3」を購入すると発表した。

中国の新興EVメーカー、愛馳の幹部は、来年には法人顧客向けフリート販売市場に参入する計画で、電動SUV「U6」に特別な安全機能を搭載すべく設備投資を行っていると明かした。

<もはや当然>

フランスの自動車コンサルタント会社、Inovevによると、欧州における今年1─9月の中国製自動車の販売は約15万5000台で、市場シェアは1.4%。しかし、中国製自動車は販売のほぼ半分をEVが占めており、欧州のEV市場におけるシェアは5.8%だ。

Inovevのジャメル・タガンツァ副社長は、より安価なモデルが投入され、今後数年以内に欧州で販売される中国製自動車は、全てEVになると予想する。

Inovevの推計によると、欧州の新車市場におけるEVのシェアは2030年までに40%に高まり、完全EV車市場における中国ブランドの販売台数は72万5000─116万台、シェアは12.5─20%となる見通し。

タガンツァ氏によると「これは控えめな予想」で、「特に欧州メーカーが手頃な価格のEⅤが欲しいという地元のニーズに応えられない場合、もっと急速に増加する可能性がある」という。

5つ星を獲得するには、エアバッグや衝突回避システム、運転支援システム、ドライバー監視など安全機能を追加するための高額投資が必須。

サッチャムのアベリー氏によると、中国EVメーカーはEuro NCAPに積極的に関与しており、最高評価を得るために欠かせない投資を熱心に行なっている。同氏は「中国製イコール低品質、危険というイメージは捨てなければならない。中国製の品質は今や、他メーカーを凌駕している」と説明する。

BYD欧州のマネージング・ディレクター、マイケル・シュー氏は「5つ星評価は、非常に基本的な要件であるべきだと考えている」と言い切った。

<優位性を活用>

中国の自動車大手、長城汽車は小型EV「ORA フランキー・キャット」を年内に英国、ドイツ、アイルランド、スウェーデンで発売する予定。

英国での販売価格は3万2000ポンド(3万6330ドル)程度と、フォルクスワーゲン(ⅤW)のEⅤ「IⅮ.3」より約5000ポンド安い。しかも顔認識で好みの座席ポジションを記憶させる機能のほか、運転支援システム、バックカメラ、スマホのワイヤレス充電などの機能を備えている。

上海のコンサルタント会社オートモビリティーのビル・ルッソ代表は、海外自動車メーカーの多くが低コストEVの製造で中国のライバル企業に優位を許しているのが問題だと指摘。「地球上で手頃な価格のEVを見つけることができるのは、中国のみだ。中国メーカーはその優位性を活用している」と分析した。

(Nick Carey記者)

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

〔情報BOX〕パウエル米FRB議長の発言要旨

ビジネス

再送-米景気後退の可能性低下、労働市場好調で=ミネ

ビジネス

力強い米雇用統計、一段の利上げの必要示す=FRB議

ワールド

トルコの地中海沿岸で港湾火災、操業停止 地震の影響

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中