ニュース速報

ビジネス

アングル:アジアのジャンク債、米国債の混乱で注目の避難先に

2021年03月09日(火)15時46分

米国など先進国の債券市場が軟調となる中、比較的高利回りで安定しているアジアのジャンク債が避難先として注目されている。写真はインド・ムンバイの店頭で2018年8月13日に撮影。(2021年 ロイター/Francis Mascarenhas)

[東京 9日 ロイター] - 米国など先進国の債券市場が軟調となる中、比較的高利回りで安定しているアジアのジャンク債が避難先として注目されている。

主要国で長期利回りが数年ぶりの高水準となっていることは2013年の「テーパー・タントラム(かんしゃく)」を連想させる。ただ、当時と異なり、アジアのインドやインドネシアなどでは債券・通貨の売りは見られていない。

今では力強い経済と浪費を抑えた政府、経常収支の改善を背景に、アジアは利回りを求める投資家の避難先に。今年に入ってから中国債に対する外国人投資家の買い越し額は415億ドルとなり、既に2020年通年の約3分の1となっている。その他アジア新興国の債券市場でも今年は28億ドルの資金流入。昨年通年の61%となっている。

BNPパリバ・アセット・マネジメント(ロンドン)の新興国市場債券担当責任者、JCサンボ―氏は「相対的バリュー面からアジア新興国市場は魅力的だ」と指摘。中国といった市場の債券の安さに言及し、「われわれはハイイールドに一段のバリューがあると考えている。ファンダメンタル的にミスプライス(不適正な価格付け)になっていると考えている」と述べた。

アジアのジャンク債のスプレッドはインフレ率を上回るリターンを求める投資家にとって大きな魅力となっている。

バンク・オブ・アメリカのハイイールド・アジア新興国市場指数は米国債に対するスプレッドが671ベーシスポイント(bp)。米国のハイイールド・クレジット指数ではこのスプレッドは330bpにとどまっている。

リスク回避姿勢が比較的強い投資家向きの中国国債、インドネシア国債、インド国債でも米国債に対するスプレッドは170─500bpとなっている。

<中国ではデフォルトリスクに要警戒>

BNPパリバのサンボ―氏は、さらなるリスク予防策として中国のドル建て社債を好んでいると説明。為替リスクを懸念するその他投資家もドル建て債券を好んでいるという。

リーガル&ジェネラル・インベストメント・マネジメント(ロンドン)のポートフォリオマネジャー、ジャスティン・オヌエクウシ氏は「ドイツなどの利回り水準を考えると、ボラティリティーに対する守りが狙いならば、いかなる規模であれそうしたところの債券を持つ意味がない。このため、韓国や中国の債券に対してわれわれの見方はポジティブだ」と語った。

アジアのハイイールドクレジット市場で中国の存在は大きいものの、企業のデフォルト(債務不履行)を巡るリスクはある。

アバディーン・スタンダード・インベストメンツ(シンガポール)のアジア太平洋地域社債担当責任者、ポール・ルカスゼウスキ氏も、中国のドル建て債に対する姿勢はポジティブだとしつつ、発電や工業セクターには警戒している。炭素排出削減計画による負の影響が見込まれるためだという。

TDセキュリティーズ(シンガポール)のアジア・欧州新興国市場担当チーフストラテジスト、Mitul Kotecha氏は、取引が徐々に多くなる中で一部投資家が利食い売りを出せばアジア債券市場は資金流出局面を迎えるだろうとしつつ、長期のファンダメンタルズは堅固に見えると語った。

(Stanley White記者)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国軍支援があぶり出した「平和国家」の血の匂い

  • 4

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中