ニュース速報

ビジネス

日銀点検を読む:期待インフレに考慮、フォワードガイダンス見直しも=下田・一橋大特任教授

2021年02月26日(金)16時07分

 一橋大学の下田知行国際・公共政策大学院特任教授は、日銀が政策点検に踏み切った背景について、現行政策の成否を判断する上で最も重要な指標となる期待インフレ率の水準が2013年の量的・質的金融緩和(QQE)スタート時点の水準まで戻ってしまったことに対する危機感などがあると指摘した。写真は都内のビル群。2020年12月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 一橋大学の下田知行国際・公共政策大学院特任教授は、日銀が政策点検に踏み切った背景について、現行政策の成否を判断する上で最も重要な指標となる期待インフレ率の水準が2013年の量的・質的金融緩和(QQE)スタート時点の水準まで戻ってしまったことに対する危機感などがあると指摘した。3月の点検では、期待インフレ率を引き上げる政策ツールとしてフォワードガイダンスの見直しが有力な手段になるとの見方を示した。

    下田氏は日銀出身。イールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)の運営について、10年物金利(長期金利)の誘導目標をプラス圏のレンジに設定することや、2年物金利もしくは5年物金利を新たに操作対象に加えて「3点支持」にすることなど、今後の金融政策に対する自身のアイデアも披露した。

    <期待インフレの水準に危機感>

    下田氏は、QQEはデフレ脱却のために「期待インフレがゼロ%の望ましくない均衡」から「2%の望ましい均衡」に移行させる狙いで行っているものであり、期待インフレが出発点に戻った以上、「その原因の検証が政策対応の出発点になる」と指摘する。米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)が金融政策の目標や戦略の見直しを行っていることも、日銀が点検実施を決断した背景にあるとみている。

    FRBが一時的な物価の上振れを容認する「平均インフレ目標」を導入し、ECBも採用を検討中とされる中、この考え方を期待インフレの引き上げの必要性が最も高い日銀が採用しないのは出遅れ感を与えかねないと指摘。日銀もフォワードガイダンスの見直しを通じて「平均インフレ目標」を事実上採用することも考えられるとした。

    日銀の政策は、量にひも付けた「オーバーシュート型コミットメント」と金利にひも付けたYCCに関わるフォワードガイダンスが混在し複雑になっているとして、下田氏は「この際、YCCの金利操作にひも付けたフォワードガイダンスに一本化し、そこに『オーバーシュート』の考え方を取り入れればシンプルになる」との見方を示した。

    <10年物金利のレンジターゲット>   

    下田氏は、日銀が2016年9月にYCCを導入した時から、金融機関の収益や生保・年金の運用に生じる副作用対策としてイールドカーブをスティープ化させることが課題だった、と指摘。日銀が今回の点検で長期金利の操作目標の柔軟化や弾力化を図るとみている。

    声明文ではすでに金利について「上下にある程度変動しうる」とされており、現状の運営方針との違いをより鮮明にするため、「操作目標をレンジターゲットにして、『ゼロ─0.2%を中心にある程度柔軟に変動することを許容する』としてはどうか」と提案する。   

これまではゼロ%を中心にプラスマイナス0.2%といった上下で同じ幅のレンジがイメージされていたが、「ゼロ─0.2%」とプラス圏を中心レンジとすることで「マイナス圏よりプラス圏が望ましい、イールドカーブのフラット化は望ましくないという明確なメッセージになる」との見方を示す。

    <イールドカーブの「3点支持」>

    長期金利のレンジターゲットをプラス圏に置いてイールドカーブのスティープ化を促した場合、長期金利の上昇を許容し、緩和姿勢が後退するとの懸念が生じる。その点について、下田氏はイールドカーブの「3点支持」が工夫として考えられるという。

「緩和の効果を実体経済に及ぼす上で重要な家計や企業の借り入れ金利は、2年物や5年物が意味を持つ。従来の政策金利と10年物金利に加え、新たに2年物金利か5年物金利を操作対象金利とし、ここを低位に保つことで緩和は継続というメッセージを明確にできる」と主張。さらに「それを比較的自由に動かせるようにしておく、というのが将来的な政策の柔軟性や機動性を確保する観点でも有効だ」と指摘する。

    その上で「為替が落ち着いた動きで、加えて株高の今は『3点支持』を導入する必然性はないかもしれないが、導入のメリットが実感される局面はいずれ訪れるのではないか」との見方を示した。

(略歴)1989年東大法卒、日銀入行。国際決済銀行(BIS)派遣、金融機構局国際担当総括、国際通貨基金(IMF)日本代表理事代理、松山支店長、企画局審議役などを経て2018年から現職。金融政策(異次元緩和)、金融規制(バーゼル規制交渉)、決済・金融市場インフラ(国際基準策定)で政策の企画・立案や国際交渉を担当。

このインタビューは25日に実施しました。

(杉山健太郎 編集:田中志保)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

大阪府、緊急事態宣言の要請を正式決定 兵庫も最終調

ワールド

英首相、新たな排出削減目標発表へ 気候変動サミット

ワールド

JAXAへのサイバー攻撃、中国籍男性を書類送検=官

ビジネス

日銀、ETF買い見送り TOPIX1%超安では買入

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 5

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 8

    ワクチン接種後はマスクなしでOK?──米CDCが指針を発表

  • 9

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイー…

  • 10

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    青色の天然着色料が発見される

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 6

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 7

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中