ニュース速報

ビジネス

サムスン電子、第4四半期26%営業増益 今四半期は利益圧迫見通し

2021年01月28日(木)15時54分

韓国のサムスン電子が28日発表した2020年第4・四半期決算は、26%の営業増益となった。写真は、同社製の食器洗い機のロゴ。2020年8月27日にソウル市内で撮影。(2021年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 28日 ロイター] - 韓国のサムスン電子が28日発表した2020年第4・四半期決算は、26%の営業増益となった。21年第1・四半期の見通しについては、堅調な半導体需要、およびスマートフォンの旗艦モデル「ギャラクシーS」の発売前倒しを受け、モバイル機器販売が上向くと予想した。

ただ、通貨および新たな半導体生産ラインに関連したコストの上昇が利益を圧迫する可能性があると警告し、「先行きについては、全体の利益は21年第1・四半期に弱まると見込んでいる」と指摘。「21年については、世界全体の需要は回復するものの、新型コロナウイルス流行の波の再発生の可能性を巡る不透明感は残ると見込んでいる」との見方を示した。

年末配当に加えて10兆7000億ウォン(96億ドル)の特別配当を発表したものの、株式市場のバブルへの不安が高まる中、サムスン電子株は序盤の取引で1.5%安。

チェ・ユンホ最高財務責任者(CFO)は電話会見で、「過去3年間におけるキャッシュ水準の増加は有意義なM&A(企業の合併・買収)活動を行わなかったことが主因だった。向こう3年で意味ある規模のM&A活動を行う公算が大きい」と述べた。

アナリストは、サムスンは未来の車といった分野のM&Aを通じて未来の技術を確保する方針だと指摘。現代自動車証券の研究センター責任者、グレッグ・ロー氏は「次の時代はスマートフォンで差別化できない公算が大きいことから、未来の車に採用できる技術を確保することが見込まれる」と語った。

20年第4・四半期の営業利益は9兆0500億ウォン(81億7 000万ドル)で、前年同期の7兆2000億ウォンから増加。同社が今月示した見通しとほぼ一致した。

ウォン高や新たなチップ生産ラインのコスト、メモリーチップ価格の下落、前期比でのスマホ販売の減少などが重しとなる一方、メモリーチップの好調な販売やディスプレー事業の利益が寄与した。

売上高は3%増の61兆6000億ウォン。純利益は26%増の6兆6000億ウォンとなった。

韓国ウォンは10─12月に対ドルで約7%上昇した。

<DRAMの回復>

サムスンは、短期的に同様の為替環境を見込む一方、半導体メモリーのDRAM市場は、今年上半期中に回復する見通しだとした。

ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリスト、Park Sung-soon氏は「DRAM価格は第1・四半期に予想をはるかに上回って上昇するとみられる。サーバー顧客が昨年上半期の新型コロナ流行第1波時に積み上げた在庫を使い果たし、再び購入し始めるためだ」と述べた。

サムスンの20年設備投資額は半導体向けの32兆9000億ウォンを含め38兆5000億ウォン。生産設備を拡大する中で半導体契約製造向け投資が増えた。同社によると、メモリーチップは生産拡大と先端プロセス向けで支出が大きく伸びた。

アナリストらによると、第4・四半期のディスプレー部門利益は予想を上回った。米アップルの新iPhone向けパネル供給により、有機EL(OLED)パネル生産設備の同四半期中の稼働率が100%近くで維持されたためという。

サムスンは3年間の株主還元政策を公表。21─23年に普通配当の年間総額を9兆8000億ウォンに増やす。これまでの3年間と同様、期間中に得られたフリーキャッシュフローの50%を支払い続ける。

*CFOとアナリストのコメントを追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日鉄、国内の高炉1基休止 海外の生産増強へ設備投資

ビジネス

ロンドン証取CEO、過熱する米市場のSPAC上場に

ビジネス

独企業、21年の世界経済改善には悲観的=商工会議所

ワールド

シノバックのコロナワクチン、ブラジル変異株に十分な

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!