ニュース速報

ビジネス

ソニーが営業利益予想を引き上げ、画像センサー伸張 スマホ多眼化で

2019年10月30日(水)17時46分

 10月30日、ソニーは2020年3月期の連結営業利益予想(米国基準)を前年比6.1%減の8400億円に上方修正したと発表した。写真は2016年1月、都内のソニー本社のロゴ(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - ソニー<6758.T>は30日、2020年3月期の連結営業利益予想(米国基準)を前年比6.1%減の8400億円に上方修正したと発表した。従来予想は8100億円だった。イメージセンサー(画像用半導体)などの伸長が、ゲームやテレビの伸び悩みを補う見通し。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均値8470億円とほぼ同水準となった。

イメージング&センシング・ソリューション(I&SS)分野の売上高予想を1兆0400億円(従来予想は9900億円)に、営業利益予想を2000億円(同1450億円)に、それぞれ引き上げた。会見した十時裕樹・最高財務責任者(CFO)は、スマ―トフォンに複数カメラを搭載する傾向があり、「時間を経るごとに多眼化したスマホのラインアップが増えている」と要因を説明した。その分、イメージセンサーの需要が高まっている。

ソニーは、イメージセンサーの新工場を長崎県に建設することも明らかにした。スマホの多眼化のほか、暗所で明るく撮影したり動画のクオリティーを高めるためイメージセンサーの大判化といったトレンドがあると説明し、「ウエハーに対する需要が高く、対応する」と述べた。

20年度までの中期経営計画で、イメージセンサー分野で7000億円投資する計画を示していたが、数百億円増加する可能性があるとした。21年からの中計で予定していた投資を前倒しする可能性があるという。

19年4─9月期のI&SS分野の売上高は前年同期比22%増の3107億円、営業利益は59%増の764億円で、いずれも四半期として過去最高。

一方、ゲーム&ネットワークサービス(G&NS)の営業利益予想は2400億円(従来予想は2800億円)に引き下げた。十時CFOは、自社制作ゲームソフト「ザ・ラスト・オブ・アス・パート2」の発売時期が来年度にずれ込むことが最大の要因だとした。エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)の営業利益予想も1110億円(同1210億円)に引き下げた。

家庭用ゲーム機「プレイステーション4」(PS4)ハードやテレビ、スマートフォンの販売計画は下方修正した。PS4の販売予想は7月時点の予想の1500万台から1350万台に、テレビを1050万台から1000万台に、スマホを400万台から350万台に、それぞれ引き下げた。

売上高は8兆4000億円へ2000億円下方修正した。I&SS分野と音楽分野の見通しを上方修正したが、G&NS分野、EP&S分野、映画分野の売上高の見通しを下方修正した。

下半期の前提為替レートは1ドル108円前後、1ユーロ118円前後。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

中国製造業PMI、2月は50.6に低下 昨年5月来

ワールド

ミャンマー、治安部隊の発砲で死者7人 連日のデモ鎮

ワールド

情報BOX:来週開幕、中国全人代の概要と見通し

ワールド

ミャンマー国連大使、国軍に抵抗続けると表明 解任と

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 4

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 5

    トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状…

  • 6

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 9

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 10

    フランス・リヨン市、環境派市長「給食を肉なしメニ…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    バブルは弾けた

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!