ニュース速報

ビジネス

米株主要3指数が下落、原油安や中国経済の鈍化懸念で

2018年11月10日(土)07時48分

 11月9日、米国株式市場は主要3指数が下落して取引を終えた。原油価格が下げを強めたほか、新たな指標で中国経済の鈍化が示されたことが背景。ニューヨーク証券取引所で撮影(2018年 ロイター/ANDREW KELLY)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国株式市場は主要3指数が下落して取引を終えた。原油価格が下げを強めたほか、新たな指標で中国経済の鈍化が示されたことが背景。

原油価格は、供給拡大と世界経済の鈍化の兆しを受けて1%近く下落した。

インデペンデント・アドバイザー・アライアンスの最高投資責任者(CIO)、クリス・ザッカレリ氏は「原油が市場を揺らしている。原油価格がさらに下げれば、世界経済の成長が鈍化する新たなサインだ」と指摘した。

前日に2.2%下落したS&Pエネルギー株指数<.SPSY>は0.4%続落した。

ルーソルド・グループの首席投資ストラテジスト、ジム・ポールセン氏は、株価について「10月の安値を下回るだろう。経済成長は鈍化しているが、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを止めるほどの鈍化ではない」と述べた。

投資家はリスク取りに消極的になっているもようで、S&P情報技術株指数<.SPLRCT>は1.7%下落。アップルは1.9%安、半導体株<.SOX>も1.9%安となった。

セクター別では主要消費財株<.SPLRCS>が0.5%高で上昇率トップ。公益事業株<.SPLRCU>や不動産株<.SPLRCR>も小幅高だった。

中国国家統計局が発表した10月の生産者物価指数(PPI)上昇率は前年比3.3%で、9月の3.6%から鈍化した。鈍化は4カ月連続で、米国との貿易摩擦が経済を圧迫していることが浮き彫りになった。これを受け、世界の主要株式市場が下落した。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を2.22対1の比率で上回った。ナスダックでは2.95対1で値下がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄では29銘柄が52週高値を更新し、8銘柄が安値を更新。ナスダック総合構成銘柄は46銘柄が新高値を付け、113銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は79億3000万株。直近20営業日の平均は83億9000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25989.30 -201.92 -0.77 26149.11 26161.49 25882.91 <.DJI>

前営業日終値 26191.22

ナスダック総合 7406.90 -123.98 -1.65 7468.51 7474.34 7349.49 <.IXIC>

前営業日終値 7530.89

S&P総合500種 2781.01 -25.82 -0.92 2794.10 2794.10 2764.24 <.SPX>

前営業日終値 2806.83

ダウ輸送株20種 10517.21 -143.45 -1.35 <.DJT>

ダウ公共株15種 738.23 -5.50 -0.74 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1229.05 -23.18 -1.85 <.SOX>

VIX指数 17.36 +0.64 +3.83 <.VIX>

NYSE出来高 9.69億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 22150 - 120 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 22125 - 145 大阪比 <0#NIY:>

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 2

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 3

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 4

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 9

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 10

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!