ニュース速報

ビジネス

ロイター企業調査:日米通商交渉、対米投資より輸出拡大に期待

2018年11月09日(金)10時02分

 11月9日、来年から予定されている日米通商交渉に向けて、日本企業では、米国側が望む直接投資よりも対米輸出の拡大への期待が大きいことがわかった。写真は日米の国旗。NY市で2016年11月撮影(2018年 ロイター/Andrew Kelly)

[東京 9日 ロイター] - 来年から予定されている日米通商交渉に向けて、日本企業では、米国側が望む直接投資よりも対米輸出の拡大への期待が大きいことがわかった。

一方、交渉で米国に妥協を強いられるとの見方が多く、日本製品の輸入制限や高関税適用が最大の懸念となっている。為替条項導入への懸念は限定的だった。米中摩擦は2020年以降も継続するとの見方が5割超となり、先行きは一段と深刻化するとの見方が過半数となった。

調査は10月24日から11月5日にかけて実施した。資本金10億円以上の中堅・大企業482社に調査票を送付。

<自動車も投資より輸出拡大に期待>

日本は米国と二国間の通商交渉を行うことになったが、多くの企業で「米国ペースで一方的に押しまくられる懸念が強い」(機械)、「不平等なスキームとならないことを期待する」(輸送用機器)といったコメントに不安がにじんでいる。背景には「安全保障を絡めて交渉されると、最後は要求をのまざるを得ない」(輸送用機器)といった事情があるためだ。

懸念が最も強いのが「米国による日本製品の輸入制限・高関税の適用」で全体の53%を占めた。特に「輸送用機器」、「鉄鋼・非鉄」、「化学」の3業種で不安の声が多かった。

それでも企業は米国との貿易取引の活発化を期待しており、「対米輸出の拡大」を望む声が50%を占めている。米国側が求める「米国への直接投資の拡大」に期待する企業は10%と少なかった。高関税や数量制限の対象になりかねない「輸送用機器」においても対米投資拡大に期待する声は7%にとどまり、60%が対米輸出拡大を望んでいる。

日本企業の米国現地法人で中国からの資材調達などに高関税が課せられることや、新たな貿易の枠組み「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」により現地生産比率が引き上げられることで、北米・中米での生産環境は悪化している。直接投資による現地生産の魅力が低下しており、企業側からすれば輸出拡大に期待せざるを得ない面もある。

対日赤字を減らしたい米国とどう調整を図るのか、交渉力が問われることになる。

他方、輸出環境に大きく影響する為替については、政府の相場介入を制限するような条項の導入の可能性も否定できないものの、懸念する声は14%だった。「どのような落としどころになるのか、為替や株式市場の動向を含めて注視している」(その他製造)との声もある。

<米中戦争は覇権争い、当初見方より深刻に>

米中貿易戦争については、双方が第3弾の措置まで発動している中で今後の見通しを聞いた。日本企業は長期化を視野に入れつつあり、51%が「2020年以降も継続する」とみている。「当初見込んでいたより長期化する見通し」が53%を占め、想定していた以上に長引く可能性があると予想されている。

時間の経過とともに摩擦が緩和していくとの見方は少なく、「かなり深刻化する」が14%、「やや深刻化する」が42%など、合わせて56%がむしろ悪い方向に向かうとみている。

「米中貿易摩擦の本質は米貿易赤字の問題ではなく、世界秩序を採るリーダーが中国になることを米国が本気で阻止しようとしていることにある」(電機)、「知的財産を含む技術覇権の争い」(建設・不動産)といった見方が広がっており、貿易摩擦が今後も長期化・深刻化するとの見通しにつながっている。

(中川泉 編集:田中志保 )

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ライトハイザーUSTR代表、対中関税保留発言報道を

ビジネス

英ポンド急落、ブレグジット懸念で円とドルに安全買い

ビジネス

米小売売上高、10月は0.8%増に急回復 ハリケー

ビジネス

米利上げ、慎重に進めるべき=アトランタ地区連銀総裁

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 10

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 1

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 2

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!