ニュース速報

ビジネス

欧州市場サマリー(3日)

2018年01月04日(木)05時56分

[3日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。最近つけた過去最高値に迫る水準にある。原油価格が2年半ぶりの高値をつけ、石油銘柄が買われた。またドルが対ポンドで高値に持ち直したことで、ドルで収益を上げる国際的な企業の株価が上がった。

石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは1.5%と1.3%それぞれ上昇し、FT100種の最大の押し上げ要因となった。

衣料小売り大手ネクストは6.7%値を上げた。クリスマス時期の売り上げが市場予想を上回ったことが好感された。好調な売り上げを受けネクストは通期の利益見通しを引き上げた。

<欧州株式市場> 反発して取引を終えた。ドル高/ユーロ安に伴い輸出銘柄が買われたほか、米国株式市場でS&P500とナスダック指数が前日に最高値を更新したことで買い意欲が強まった。

米国の製造業景気指数や建設支出が好調だったことでドルが値を上げた。ドルで収益を上げる銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数<.GDAXI>は0.83%上昇、フランスのCAC40指数<.FCHI>は0.81%上昇した。

STOXX欧州600種石油・ガス株指数<.SXEP>は前日に続き値を上げ、1.12%上昇。石油輸出国機構(OPEC)の加盟国であるイランで反政府デモが続く中、原油価格が2年半ぶりの高値をつけたことが背景にある。

この日は、新たな金融規制である第2次金融商品市場指令(MiFID2)が施行したが、取引高は前日よりもやや増えた。

<ユーロ圏債券> 国債利回りが小幅低下。欧州連合(EU)の金融資本市場に対する包括的な新規則「第2次金融商品市場指令(MiFID2)」がこの日施行された。

ドイツ10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)低下し0.44%。クーレECB専務理事のコメントを受け、前日は2カ月ぶりの水準に上昇していた。国債利回りは当初、前日の高水準近辺で推移していたが、ドイツで大量の債券償還が行われたことで利回りは低下したとみられる。

この日から始まったMiFID2は、銀行や資産運用会社、トレーダーに詳細な取引データ報告を義務付け、株式、債券、コモディティー、デリバティブ市場の動向を明瞭化する目的で導入された。取引の透明性を高めつつ、投資家保護を強化することで、2007─09年の世界金融危機で得た教訓を生かす狙いがある。市場では規制の影響を見極めるため、当面は大規模な取引が手控えられるのではとの見方もある。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

ビジネス

日産、英工場で数百人削減へ ディーゼル車需要縮小=

ワールド

米大統領、電話会談でプーチン氏に訪米要請─ロシア外

ビジネス

焦点:「バイ・アメリカン」の内側、武器輸出増狙うト

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 3

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 9

    隕石内のダイヤモンド、太陽系初期に存在した大型原…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!