ニュース速報

ドル108円付近、6週間ぶり高値圏でECB待ち

2019年09月12日(木)15時32分

[東京 12日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の108円付近。欧州中央銀行(ECB)理事会を控えユーロの膠着感が強まる中、米長期金利の上昇を受けてドルは一時6週間ぶり高値をつけた。

朝方の取引では、トランプ米大統領が中国製品に対する関税の引き上げを10月1日から10月15日に延期すると発表したことが伝わり、ドルは108.05円まで上昇した。その後は仲値を挟んで一進一退となったが、米長期金利が5週間ぶりの高水準をつけたことを受け一時108.17円と8月1日以来6週間ぶり高値をつけた。ただ、終盤にかけて米長期金利が反落したため、ドルは伸び悩んだ。

米10年国債利回りは1.7730%まで上昇し、8月8日以来5週間ぶりの高水準となった。米長期金利上昇がドル買い/円売りオーダーをトリガーするAI(人工知能)の動きが、このところの米長期金利の反発とドル高/円安の背景にあるとみられている。

ただ、米長期金利の上昇は9月期末をにらんだ投機筋や投資家の利益確定売りを反映している可能性が大きく、それらが一巡すれば、反落する公算が大きい。

黒田東彦日銀総裁は12日昼、首相官邸で安倍首相と会談した。会談後、黒田総裁は定例の意見交換であり、消費税やマイナス金利などの話はなかったと語った。この会談について、市場の反応は限定的だった。

ECB理事会を控えたユーロは膠着気味だった。午後3時までの取引レンジは1.1008─1.1015ドル。きょうは1.1000ドル付近をストライクとする20億ドル近いオプションが権利行使期限を迎えるため、関連売買で値が振れづらくなった面もあるという。

ECBは12日の理事会で、不振にあえぐユーロ圏の景気をてこ入れするために新たな金融緩和パッケージを打ち出す見通しだ。ただ具体的な中身がどうなるかは不透明で、市場予想に届かない内容ならば金利上昇につながりかねない。

緩和パッケージの内容として、マイナス0.4%の中銀預金金利をさらに10―20ベーシスポイン引き下げることはほぼ確実視されている。

量的緩和(QE)の再開については、理事会メンバーの中で意見が分かれており、QEは真の危機の到来まで温存しておくべきとの意見も聞かれる。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 108.00/02 1.1011/15 118.95/99

午前9時現在 108.00/02 1.1012/16 118.96/00

NY午後5時 107.81/84 1.1009/11 118.71/75

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!