ニュース速報

トランプ氏、FRBにマイナス金利要求 パウエル議長を再批判

2019年09月12日(木)08時05分

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、ツイッターへの投稿で、マイナス金利政策は政府の債務費節減に貢献するなどと指摘、米連邦準備理事会(FRB)に対し政策金利をマイナス圏まで引き下げるよう要求した。同時に、「『愚か者ども』のためにわれわれは千載一遇の機会を失っている」と述べ、改めてジェイ・パウエルFRB議長らを批判した。

トランプ氏は投稿の中で、「FRBは政策金利をゼロ%、もしくはそれを下回る水準に引き下げる必要がある。それを受け、われわれは債務の借り換えを行う。金利は大幅に引き下げられる。同時に、期間を大幅に長期化させることもできる」と指摘。

「われわれは素晴らしい通貨、権限、そしてバランスシートを有している。米国は常に最も低い金利を支払うべきだ。インフレはない!」とも述べ、さらに「他の国がすでにやっていることを認めようとしないのは、ばか正直なジェイ・パウエルとFRBだけだ」と批判した。

ただ、トランプ氏は、景気底上げに向けマイナス金利政策を導入した欧州中央銀行(ECB)や日銀が直面しているリスクや金融市場の緊張には言及せず、マイナス金利が想定通りに成長を促進したりインフレを押し上げたりしていない事実にも触れなかった。

来年に大統領選挙を控え、トランプ氏はこれまでも繰り返しFRBに利下げを呼び掛けており、景気支援に向け積極的な金融緩和に動かないFRBとパウエル議長を批判してきた。ただ先月には、マイナス金利政策について反対する姿勢を示していた。

FRBは7月30─31日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.00─2.25%に25ベーシスポイント(bp)引き下げることを決定し、2008年以来初めての利下げに踏み切った。金融市場ではFRBは今月17─18日の次回FOMCで追加利下げを決定するとの見方が大勢になっている。[nL4N24W51E][nL3N25X3G2]

トランプ氏のこの日のツイートの意図について問われると、ホワイトハウス当局者は「大統領は国家の債務を減らすために使える全てのツールを検討している。われわれは議会に対し、無駄な支出を減らす取り組みに加わるよう求めている」と述べた。

米紙ワシントンポストは先月、不動産事業を営むトランプ氏がホテルなどに関連して借り入れを抱えているため、FRBが金利を引き下げれば個人的に大きな恩恵が受けられると報じている。

ピュー研究所によると、連邦政府が負担する米国債の利払い費は今年度は約4000億ドル、28年度までには9140億ドル超に膨らむ見通し。だが、連邦政府の経費全体に占める利払い費の割合は約8.7%と、1970─80年代の超高金利政策の後で15%を超えていた1990年代半ばからは大きく低下している。

ジャニー・モントゴメリー・スコットのチーフ投資ストラテジスト、マーク・ルスチーニ氏は、ゼロあるいはマイナス金利について、景気後退期には適切だろうが、失業率が記録的低水準にある景気拡大期の経済においては「最終的に次の金融危機を創出する可能性がある」と指摘。「人々はよりリスクを取るようになる」とした。

FRB当局者は以前からマイナス金利について、政策的に支持できない、リスクを冒すに値しないとして重要視していない。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!