ニュース速報

IMF専務理事人事、欧州に「非常に良い」候補=米財務長官

2019年07月19日(金)12時56分

[シャンティイ(フランス) 18日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は18日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事の後任人事について、欧州に「非常に良い」候補がいるとの認識を示した。

ただ、IMF専務理事が欧州から選ばれる慣例を当然視していないとも発言した。

主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の合間にインタビューに応じた。

長官は、後任人事の決定を急ぐべきだとの認識で関係国が一致していると発言。

フランスのルメール経済財務相は18日、欧州の専務理事候補を月内に選定することを目指し、調整役を果たすと述べた。

ムニューシン長官は、自身が支持する個別の候補についてはコメントを控え、「我々が検討できる良い欧州の候補がいることを期待する。非常に良い欧州の候補がいると思う」と述べた。

米国はIMF理事会で議決権の16.52%を握っており、重要な決定について事実上の拒否権を発動できる。米国の議決権を管理するムニューシン長官は、後任人事の決定で大きな発言力を持つ。

IMFのトップは欧州出身者、世界銀行のトップは米国出身者が務めることが慣例になっている点については「歴史的な基準がどうであれ、世銀が米国人であることを当然視したことはないし、IMFが欧州出身者であることを当然視することもない」と発言。

その上で「我々は(米国人である)デービッド・マルパス氏(の世銀総裁就任)への支持に感謝している。当然、すべての関係国と協力して最適な人物を選んでいく」と述べた。

欧州の複数の当局者は18日、ラガルド専務理事の後任にカーニー英中銀総裁が選出される可能性は低いとの見方を示した。

IMF専務理事候補には、オランダのデイセルブルム元財務相、スペインのカルビノ経済相、ポルトガルのセンテノ財務相、フィンランドのレーン中銀総裁の4人の名前が上がっており、EU諸国が協議を続けている。

また、最近になってブルガリア出身のクリスタリナ・ゲオルギエバ世銀最高経営責任者(CEO)の名前も浮上している。

ムニューシン長官はゲオルギエバ氏について「世銀での仕事ぶりを非常に高く評価している」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!