ニュース速報

英がイランのタンカー拿捕、西側との対立激化の恐れ

2019年07月05日(金)09時46分

[ロンドン/ドバイ 4日 ロイター] - 英海兵隊は4日、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアに原油を輸送していた疑いのあるイランの大型石油タンカーを英領ジブラルタル沖で拿捕した。欧州はシリアへの石油輸出を2011年から禁止しているが、米国のように広範な対イラン制裁は発動させていない。欧州諸国による石油タンカーの拿捕も今回が初めでて、イランと西側諸国の対立が激化する恐れがある。

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は英国の動きを歓迎し、シリアとイラン両国が違法取引によって利益を上げる行為を、同盟国とともに未然に防ぎ続ける方針を表明した。

拿捕されたタンカーは30万トン級の「グレース1」。中東から地中海方面に向けアフリカ大陸南端沖を航行した後、スペイン南端の英領海内で拿捕された。海洋情報筋によると、タンカーはスエズ運河を通る場合、積荷をいったん降ろす必要が生じ、押収される恐れもあるため、同運河を避けアフリカ回りの航路を選択した可能性があるという。

これを受け、イラン外務省はイラン駐在の英大使を呼び、拿捕は「違法で容認できない」として厳重に抗議。拿捕されたタンカーはパナマ船籍で、運航会社としてシンガポールに拠点を置く企業が登録されているが、イラン外務省が英大使に抗議したことから、イランのタンカーであることが明確になった。

ロイターが入手した輸送に関する情報によると、グレース1はイランの沖合いで積荷されたイラン産原油を輸送していた可能性がある。ただ同タンカーの文書には積載された原油はイラク産と記載されている。

企業に対し制裁措置に関する助言を行なっている法律会社ピルスベリー・ウィンスロップ・ショー・ピットマンのパートナー、マシュー・オレスマン氏は「EUが世界の目の前でこうした強い行動に出ることはこれまではなかった」とし、「北大西洋条約機構(NATO)加盟国の軍隊が関与していることを踏まえると、米国と何らかの方法で調整が行われていたと考えている」と指摘。「シリアとイランのほか、米国に対し、欧州は制裁措置の履行に真剣な態度で臨んでおり、イランの核プログラムを巡る問題に対応する能力もあるとのメッセージを送る意味合いがあった公算が大きい」と述べた。

ジブラルタル自治政府の当局者は、拿捕されたタンカーが所属する国のほか、積載されている原油がどの国のものかについては言及していない。ただジブラルタル自治政府は、グレース1がシリアのバニヤス製油所向けに原油を輸送していたと見なす根拠はあると指摘。ジブラルタル自治政府のピカルド首相は「バニヤス製油所はEU制裁措置の対象となっている組織が所有している」とし、「ジブラルタル当局は英海兵隊の支援を受けタンカーを拿捕した」と述べた。

英首相報道官は、メイ首相はタンカー拿捕を支持していると表明。ただ英外務省からコメントは得られていない。

ジブラルタルの帰属を英国と争っているスペインは、拿捕は米国が英国に要請したもので、スペイン領海内で行われた可能性があるとの見方を示した。

グレース1について、ロイターは今年に入り、米制裁措置に違反してイラン産原油をシンガポールと中国に輸送しているタンカーの1隻だと報道していた。グレース1の運航会社としてシンガポールに本拠を置く「IShips Management」が登録されているが、ロイターはこの会社と連絡は取れていない。

文書には、グレース1は昨年12月にイラクのバスラにある港湾施設で原油を積荷したと記載されているが、バスラではグレース1が入港したとの記録はなかった。また、グレース1の位置情報を知らせるトラッキングシステムのスイッチは切られていた。その後、グレース1は完全に積載した状態でイランのバンダル・アサルーイェ港付近でトラッキングマップ上に現れた。

ロンドンに本拠を置くエネルギーデータ企業、Kplerのシニアアナリスト、ホマヨウン・ファラクシャヒ氏はロイターに対し、グレース1は4月中旬にイラン産原油をイランのハールク島にある港湾施設で積荷したと明らかにしている。

*情報を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

東南アジア経済、新型ウイルスの影響は短期的=中国駐

ワールド

タイ憲法裁、反軍政の新未来党に解散命令

ワールド

中国、米国の65製品を追加関税対象から除外 28日

ビジネス

新市場区分への一斉移行日は2022年4月1日を想定

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 2

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 3

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

  • 7

    全長4mのワニ、ドローン行方不明などで救助作戦失敗…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    【新型肺炎】東京五輪開催、間に合うか? ロンドン…

  • 10

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 8

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 9

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 10

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!