ニュース速報

物価勢い毀損なら直ちに追加緩和、先んじて政策もあり得る=若田部日銀副総裁

2019年06月27日(木)15時55分

[青森市 27日 ロイター] - 日銀の若田部昌澄副総裁は27日、青森県金融経済懇談会後に記者会見し「大きな下押し圧力があり、2%の物価安定目標のモメンタムを毀損すると分かれば、直ちにちゅうちょなく追加緩和する」との姿勢を繰り返した。また、将来的に2%の物価目標を実現できないと確信が持てれば、先んじて政策を打つこともあり得るとした。

若田部副総裁は、金融政策運営に当たっては「足元の経済の動きを見ていくことも重要だが、そのことが中長期的に予想物価上昇率にどのような影響を及ぼすかをきちんと見ていかなければならない」とし「このままでいくと2%の達成が難しいと合意できるなら、先んじて政策手段を取るということはあり得る」、「将来においてインフレ目標達成できないと確信が持てるなら、そこで行動することが必要」と述べた。

物価目標に向けたモメンタムが失われるなら、ちゅうちょなく追加緩和を検討するという姿勢をコミットメントとして明確化する必要があるかとの質問に対しては「今後の方針にかかわることなのでコメントは差し控える」とした。そのうえで「現在出しているステートメントでは、2%の物価目標を掲げ適切な政策を取っていくと言っている。ある種のコミットメントを示しているなら、それ以上は必要ないとの意見もある」と述べた。

マネタリーベースの伸びが鈍化していることに関して、副総裁は「マネタリーベースの伸びは重要な金融政策のパーツ」とし「マネタリーベースの伸びの鈍化が長期的に続くことは考えていない」と述べた。一時的に伸びが鈍化することは起こり得るものの、消費者物価指数の前年比上昇率の実績値が安定的に2%を超えるまでマネタリーベースの拡大方針を継続するという「オーバーシュート型コミットメント」は維持していく方針を示した。

長期金利はゼロ%程度から上下0.2%程度の変動を許容している。これについて、若田部副総裁は「厳密に上下0.2%にぶつかったら直ちに何か起こすものではない。それなりに幅を持って機能している」と述べた。こうしたことから、イールドカーブ・コントロール(YCC)の枠組みも「10年物長期金利の幅の許容も含めて機能している。現状、これを大きく変更すべきであるということはない」とした。

米中貿易摩擦は「その帰すうが世界経済の大きな下振れリスク要因であることは間違いない」とし、日本経済に対しては、短期的にはプラスとの指摘があるものの「激化すると、下押し圧力が強くなる」と述べた。また、市場を通じてショックが波及すると「影響はさらに大きくなる」と懸念を示した。

午前中の講演では、世界的な低金利・低インフレの下で、金融政策の枠組みでさまざまな検討が行われていることについて触れた。これについて「日銀でも重要な問題、関心」と述べた。ただ「具体的に金融政策決定会合で議論されるべきかというと、現時点ではそうではないと考えている」とした。

フェイスブックの仮想通貨(暗号資産)「リブラ」について「詳細を十分理解しているわけではない」とし、コメントを控えた。ただ、金融システムや金融政策に及ぼす影響など、暗合資産のあり方などについては、今後議論が進んでいくべきとした。

金融緩和政策による金利引き下げが、ある一定の水準を超えると緩和効果が反転するという「リバーサル・レート」について、副総裁は、貸し出しが伸びているなど日本経済の現状を踏まえると「リバーサル・レートは理論的に考えられても、現状でそこに至っているという判断はしていない」と述べた。

(清水律子 編集:内田慎一)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

ワールド

スウェーデン中銀、政策金利0%に据え置き 景気リス

ワールド

インドネシア、2020年の成長率予想引き下げ 最大

ワールド

中国がチベットで労働移動政策強化、職業訓練へて建設

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 7

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 8

    EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

  • 9

    トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

  • 10

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 6

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 7

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 8

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!