ニュース速報

英EU、離脱後の関係定める「政治宣言」草案で大筋合意

2018年11月23日(金)11時54分

[ブリュッセル/ロンドン 22日 ロイター] - 英国と欧州連合(EU)は22日、英離脱後の関係の大枠を定める「政治宣言」の草案で大筋合意した。当局者が明らかにした。ただ、漁業問題のほか、イベリア半島の南東端にある英領ジブラルタル問題についてはなお詰めの協議が必要になる。

大筋合意が伝わったことで外国為替市場で英ポンドは約1%上昇した。

ロイターが入手した政治宣言の草案文書は、EUと英国は「野心的で広範、かつ均衡の取れた経済関係の構築を目指すことで合意した」とし、「このパートナーシップは包括的で、自由貿易圏、および広範なセクター別の協力を内包し、公平な競争の場の確保に向けた規定に裏打ちされたものとなる」としている。

このほか、離脱後の英国とEUとの関係は「EUの単一市場と関税同盟の全体性、ならびに英国の国内市場を尊重するもので、この経済パートナーシップを超えて英国が独立的な通商政策を発展させることを認めるものとなる」とした。

英国のメイ首相は21日にブリュッセルでユンケル欧州委員長と会談。25日の英離脱合意巡るEU特別首脳会議に備え、GMT24日1700(日本時間25日午前2時)に再びユンケル氏と会談する。

ユンケル委員長の報道官は、24日までには問題は大方解決されるとの見方を表明。EU当局者も、合意に至っていない些細な問題で25日の最終合意が遅延することはないとの見方が大勢となっているとしている。

主に疑問が残るのは、ジブラルタル問題でスペインを説得できるかどうかだ。スペイン南海岸の半島にあるジブラルタルは1713年に英領となったが、スペインはかねてより領有権を主張している。

スペインのサンチェス首相は22日夜のツイッターへの投稿で、「メイ首相との協議後も、われわれの見解は大きくかけ離れたままだ。スペイン政府は常に国益を保護する。修正がなければ、離脱案に反対する」と表明した。

25日の特別首脳会議では、メイ首相以外の首脳が事前に1時間の協議を行い、交渉のすり合わせを行う。議長を務めるトゥスクEU大統領も「交渉官レベルで合意されたほか、政治レベルでも大筋合意に至った」と述べている。

メイ首相は閣僚に協議の進展状況を説明。ただメイ首相の報道官は、25日の特別首脳会議に先立ち最終的な合意が得られることはないと述べた。

政治宣言での大筋合意を受けた与党内の離脱支持派の反応は冷ややかで、多くは納得していないもよう。野党のコービン党首も22日、離脱を巡りメイ首相が合意した内容は世界最悪だと非難した。

メイ首相は離脱交渉は重要な局面に差し掛かっているとの認識を表明。大筋合意した政治宣言に基づき、英国は移行期間の通商協定などについて交渉を進めることができると述べた。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日立、日立金属の売却手続きを早ければ来月にも開始=

ビジネス

日経平均は続伸、戻り高値を更新 配当権利落ち分を即

ワールド

キャセイ航空の操縦士、事業再構築協議への参加求める

ビジネス

東芝がシステムLSI事業から撤退、米中摩擦続いても

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 8

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!