コラム

タリバン幹部拘束で彼らが犯したミス

2010年02月17日(水)19時05分

 

情報は本物か タリバンは幹部の拘束を否定している(写真は昨年10月、アフガニスタンのタリバン兵)
Reuters
 


2月15日付けのニューヨーク・タイムズ紙が大きなスクープをものにした。米中央情報局(CIA)とパキスタン軍情報機関(ISI)の合同作戦により、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンのナンバー2が拘束されたという。

 捕まったのは、タリバンの最高指導者ムハマド・オマル師の右腕で、伝説的な戦闘指揮官でもあるアブドゥル・ガニ・バラダル司令官。タイムズ紙は2月11日にこの情報を掴んだが、ホワイトハウスの要請でこれまで報道を見合わせてきたという。

 ニューズウィーク誌は昨年夏、バラダルの地位を次のように報じている


 タリバン兵や元タリバン兵20人以上の証言によればバラダルは、表に出たがらないオマル師の単なる代役ではない。

 バラダルはタリバン軍の司令官やタリバン支配地域の州知事の任免権をもち、アフガニスタン国境に近いタリバン指導部の潜伏地であるパキスタン南西部のクエッタで行われる最高軍事評議会や最高評議会(シューラ)の主導権も握っている。

 タリバンの最重要方針についての発表も、バラダルの名前で行われる。何より重要なのは、彼がタリバンの「国庫」を支配していることだ。麻薬密売の護衛や脅迫、道路通行税の徴収や湾岸諸国からの「義援金」などで集めた数億ドルの資金だ。

「彼は軍と政治、宗教、それに財政のすべてを掌握している」と、アフガニスタン南部のヘルマンド州でゲリラ部隊の副司令官を務めるムラー・シャー・ワリ・アクンドは言う。彼はこれまでに4回バラダルに会った。最後は3月で、場所はクエッタだったという。

「彼は優れた指導者になる素質をもっている」と、米海軍大学院教授でアフガニスタンが専門のトーマス・ジョンソンは言う。「彼は有能でカリスマもあり、われわれには望むべくもないほど地形と住民をよく知っている。強敵になるかもしれない」


■パキスタン・タリバンに近づき過ぎた

 だが、パキスタンのカラチで捕まったバラダルは、ニューズウィークのインタビューに次のような嘘もついていた。


──アフガニスタンのカルザイ大統領と米政府は、タリバン指導部の主な活動拠点はパキスタンのクエッタだと言っているが本当か。  根拠のないプロパガンダだ。シューラはアフガニスタン国内で活動している。


 アフガニスタンのタリバンが犯した重大なミスは、パキスタンのタリバンに近づき過ぎたことではないだろうか。パキスタンのタリバンは、昨年末カラチで43人が犠牲になった自爆テロで犯行声明を出しており、それまでアフガニスタンのタリバンを支援してきたパキスタン軍や情報機関まで敵に回してしまった。

 昨年春ごろからは、パキスタンのタリバンがカラチに拠点を作りつつあるという報道もあったが、ここでも彼らは間違いを犯したようだ。アフガニスタンやパキスタンの山岳地帯にいたタリバン兵がカラチのような国際商業都市に出てくれば、場違いでさぞかし目立つだろう。

──ブレイク・ハウンシェル
[米国東部時間2010年02月15日(月)21時59分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 17/2/2010. © 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story