コラム

バハレーン紀行(3):「F1が大事か、国民が大事か!」

2012年04月23日(月)10時20分

 のんびり紀行文を書き続けていたら、とうとうそのバハレーンで、衝突に火がついてしまった。ここ数日、バハレーンでのF1グランプリの開催に反対するデモが大規模に組織され、バハレーン官憲と激しくぶつかり合ったからだ。20日、F1開催日に行われた最大級のデモでは、反政府活動のリーダーのひとりが殺害されたことが発覚した。

 なぜF1に反対するのか? 別に、カーレースがいけないのではない。それどころじゃないだろう、もっと先に国内で政治改革すべきことがあるはずじゃないか、というのがその趣旨だ。実は昨年の三月、予定されていたF1グランプリが「アラブの春」で延期された。バハレーン政府にしてみれば、今年も開催できないなんて沽券に係わる、と考えたのだろうし、反政府側は、昨年開催を見送ったときと比べて改革されたどころか、もっと状況が悪くなっているじゃないか、という思いだろう。

 三月にバハレーンを訪れたとき、印象的だったのが、政府側の反政府派に対する決然とした弾圧姿勢だ。湾岸の産油国といえば、セレブの集まるドバイやカタールのように経済繁栄第一で、軍が全面に出てきたり力任せに抑え込む、といったイメージはあまりない。そういうのは、かつてのフセイン政権時代のイラクや今のシリアのような、軍や諜報機関が牛耳る警察国家の十八番である。ところが、今のバハレーンではあちこちで軍や警察の物々しい姿を見る。国王の写真が道のあちこちに掲げられているところなど、見慣れたイラクやエジプトの統制の強い体制と大差ない。

 特に驚いたのは、国王が軍服姿で描かれた肖像画が多かったことだ。湾岸首長国の国王、首長のイメージは、なんといってもディスダーシャ(ガラビーヤともいう)と呼ばれる白の長衣に、部族のアイデンティティを表したクフィーヤと呼ばれる頭巾をかぶっている姿だろう。そういった伝統的な外見が首長や国王が国を束ねる象徴となるのだが、軍服姿で力を背景に国民の忠誠を強要するという方法は、まさにフセイン政権時代のイラクを彷彿とさせる。

 軍の起用だけではない。反政府勢力に、わずかなりともかかわったら即刻処罰、という明確な姿勢が、容赦ない警察国家を思い起こさせる。デモに参加して仕事を失ったり逮捕されたり、というのはよくあることだが、デモで負傷した者を治療しただけで、医者や看護婦が逮捕されているのである。私が体験した「ほのぼのデモ」ですら、最後に警察署前にデモ隊がやってくると、警察は催涙弾で応酬した。催涙弾で涙まみれになって、走って転ぶ者あり、喉をやられて呼吸困難になる者ありで、たかが催涙弾と看過できない。

DSC_0083_opt.jpg

 何がそこまでバハレーン政府を非妥協的にしているのだろう。イラクですら、全土に反政府活動が広がったとき、徹底的に弾圧しながらも、反政府派になる可能性のある貧困層や異なる宗派、民族を政府に取り込もうとしたり、経済的に恩恵を与えたりして懐柔した。ここまで決然と、人口の半数以上のシーア派住民を「過激派」と切り捨てる態度をとれる理由は何か。
 
 バハレーンに置かれている米軍基地の問題がまずあるだろう。湾岸戦争以来、米軍第五艦隊の司令部が南部に置かれている。加えて、バハレーンとコーズウェイでつながるサウディアラビアが、バハレーンから王政打倒のドミノが始まるのを恐れている。周辺国と米軍が見放すはずがないという意識が、バハレーン政府の「自信」につながっている。

 だが、忘れてならないのは、バハレーン政府が常に、反政府勢力=シーア派=イランと喧伝して、「弾圧されても当然の外国の手先」というイメージを作り上げていることだ。そして「イランの支援をするのか」と、愛国心の問題にすり替えられてしまう。バハレーンでデモ隊が常にバハレーン国旗を掲げていたのは、愛国心がないと非難されることを避けるためだ。

 このような敵の「悪魔化demonize」は、戦時にはよく見られる。だが、少数民族、宗派は平時でも常に「悪魔化」される恐れを抱えながら生きている。バハレーンに限ったことではない。出自の異なる人々は「外国の手先」だ、と思ってしまうことが、独裁体制の揺るぎない弾圧への自信を支えてしまうのだ。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ワールド

WHO、モデルナ製ワクチン使用推奨 迅速な緊急承認

ビジネス

米GE、第4四半期はキャッシュフロー大幅増 21年

ワールド

モデルナ、3月末までに米政府にワクチン約1億回分供

ワールド

WHO、自宅コロナ治療で新提言 血中酸素濃度測定な

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!