コラム

ドイツ・ナショナルチームの「トルコ人」

2010年07月07日(水)21時09分

 このブログがアップされている頃には、ドイツは決勝に勝ち進んでいるだろうか。

 2010年ワールドカップ南アフリカ大会でのドイツチームの立役者のひとりに、メスード・エジル選手がいる。甘いマスクのイケメン、21歳の彼は、トルコからの移民家族の子としてドイツのゲルゼンキルヒェンに生まれた。サッカー界に中東系移民の二世、三世が多いことは、2005年に引退したフランスのジダン選手がアルジェリア出身の移民二世だったこともあって、よく知られている。現在のドイツチームではエジルの他にも、チュニジア系のケディラなど、中東系移民出身の選手が活躍中だ。

 このエジルの活躍に、トルコのナショナルチームが反応した。ヒディンク現トルコ監督(ワールドカップ日韓大会のときの韓国チーム監督)がトルコの主要日刊紙「ミリエット」で、「ドイツはエジルのパスポートを偽造した!」と述べたのである (トルコ語新聞の邦訳は、東京外国語大学のサイト「日本語で読む中東メディア」をご覧ください)。トルコのサッカーチームは日韓大会で三位、2008年の欧州大会でベスト4に残るなど、かなり強い。それだけに、「トルコのチームで活躍してくれれば」との思いが強いのだろう。

 エジルがドイツ国籍を選択し、トルコ国籍を捨てたのは、ドイツが二重国籍を認めていないからだ。だが、そもそも彼がドイツ国籍を得ることができたこと自体が、大きな変化である。従来ドイツは国籍の付与に血統主義を取り、外国人の帰化に厳しい制度を取ってきた。その国籍法が2000年に改正されて、一部出生地主義を取り入れたのだ。ドイツで生まれ育った移民三世のエジルに国籍が与えられたのは、この国籍法の改正によってである。

 エジルの活躍は、ドイツに住む中東系移民の自慢の種だ。英国紙「インディペンデント」は、ワールドカップが始まるとともにドイツ旗を軒先に掲げたアラブ系移民の話を掲載した。エジルに限らず、多くの移民系プレーヤーを抱える新世代ドイツチームの快進撃は、この国籍法改正の成果とも言えるかもしれない。

 もちろん、すべての中東系移民にエジルのような成功が約束されているわけではない。多くの移民は国籍がとれず何年も待たされるし、ネオナチのような人種主義、排外主義の攻撃にあうことも少なくない。最近の欧州を覆う不景気で、出身国に戻らざるを得ない移民もいる。

 それでも、トルコ系移民のなかには、2年前に緑の党党首にまで上り詰めたジェム・オズデミル(トルコのメディアは、「ドイツのオバマ出現!」と大絶賛だ)のような政治家も生まれている。外国人が人口の一割を占めるドイツ。多文化共生の今後の発展に、サッカーチームの活躍が一役買うことになるのだろうか。

 追記: エジルの活躍もままならず、ドイツはスペインに負けてしまった。エジルにとっては、1571年、レパント海戦でオスマン帝国海軍がスペインに負けた、その史実の再来とでも云うか。でもその10年後にオランダがスペイン支配から脱して独立するので、最後はオランダの勝利? (7月8日記)

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ビジネス

G20財務相、景気支援策維持で合意 多国間主義的対

ワールド

サウジ皇太子、カショギ記者殺害を承認 米が報告書

ビジネス

デジタル課税、米が「セーフハーバー」提案取り下げ 

ワールド

米感染減は鈍化、「抑制策緩める時でない」=CDC所

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 5

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 9

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 10

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!