コラム

大統領選挙に見るフランス政治のパラダイムシフト

2017年04月04日(火)17時30分
大統領選挙に見るフランス政治のパラダイムシフト

「右でも左でもない」というスタンスで躍進するマクロン前経済相 Patrick Kovarik-REUTERS

<中道系独立候補のマクロン前経済相の躍進はフランス政治に構造変化が起きていることを示している。伝統的な左右対立の構図の枠を超える動きで、これまでの常識では理解しがたい。これは一体どういうことなのか、またなぜそうなってしまったのか?>

最近のフランス政治に関しては、4月23日(第1回投票)に迫った大統領選挙を前に、国民戦線のルペン候補の帰趨に関心が集まりがちだが、実はその陰に隠れて、フランス政治のパラダイムシフトとも言うべき構造変化が起きていることが見逃されている。それは、ルペンの躍進のほか、左右両派の既成政党の不振と、その枠外で颯爽と登場してきた新星、マクロン候補の躍進に端的に示されている。

マクロンは、高級官僚、銀行幹部を経て、オランド社会党政権の下で、大統領補佐官、経済大臣を務めた。その職を辞して、「右でも左でもない」という立場から、政治運動「さあ前進!」を立ち上げ、2016年11月の出馬表明以来、中道左派、中道派、無党派層からの支持を集め、急速に台頭してきた。

今や、どの世論調査でもルペン候補と1〜2位を争う勢いを示しており、仮にこの二人で第2回の決選投票になった場合、マクロンがルペンを破って大統領に選出されるというシナリオが、現実味を増している。そうなると、フランス第5共和政史上、最も若い39歳の大統領誕生ということになる。

片や既成政党の側はどうか。共和派のフィヨン候補は、夫人の議員秘書架空雇用疑惑問題の処理をめぐる党内の結束の乱れ、支持者の離反により、支持率の低下に悩む。社会党のアモン候補は、党内左派をまとめるのに精一杯で、伝統的社会党支持層や党内右派有力者のマクロンへの鞍替えを止められない。社会党は瓦解の危機すら囁かれるに至っている。この主要2大政党の候補は、それぞれの党の予備選挙を勝ち抜き、正式な候補でありながら、いずれも勝ち目なし、というのがすべての世論調査の示すところだ。

RTX31HOJ.jpg

フランス大統領選の候補者 左から、フィヨン、アモン、ルペン、マクロン、メランション REUTERS/Christian Hartmann

こうした既成政党の凋落ぶりは、マクロンのせいだけではない。急進左派のメランション候補は、かつての左派戦線を母体とした「不服従のフランス」を立ち上げ、社会党に飽き足らない左派支持層の支持を受けて、社会党のアモン候補を上回る勢いを示す。ルペン候補は、社会党と共和派を十把一絡げに体制政党と決めつけ、敵視することによって、反エリート感情をもつ有権者の支持を集め、伝統的左派支持層にも食い込んで党勢を拡大している。また、ソフト化によりウィングを広げ、もはや単なる「極右」政党ではないことは前回のコラムで紹介したとおりだ。

【参考記事】フランスに「極右」の大統領が誕生する日

これらは、伝統的な左右対立の構図の枠を超える動きで、これまでの常識では理解しがたい。これは一体どういうことなのか、またなぜそうなってしまったのか?

プロフィール

山田文比古

東京外国語大学教授。専門は、現代外交論、フランス政治外交論、日本外交論。1980年京都大学法学部卒。同年外務省に入省。沖縄県サミット推進事務局長、外務省欧州局西欧第一課長、在フランス大使館公使などを経て、2008年から現職。主著に、『フランスの外交力』(集英社新書、2005年)、『外交とは何か』(法律文化社、2015年)など。

ニュース速報

ビジネス

カナダ首相、TPP署名を表明 労組は危機感あらわ

ワールド

米民主、メキシコ国境壁建設に関する提案撤回 移民巡

ビジネス

貿易収支、12月は3590億円の黒字 豪向け自動車

ビジネス

NAFTA再交渉、第6回会合始まる トランプ氏「か

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 5

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!