コラム

あなたは、鈴木花純を聴いたことがあるか? 2017年最も注目する入魂のアイドル

2017年01月19日(木)15時00分

テレジア公式 鈴木花純 『私のこと』 Youtubeから

人のこころを救う歌唱力

 2016年年末、フリージャズ専門の名店荻窪ベルベットサンで、若田部昌澄(早稲田大学教授)、安達誠司(エコノミスト)、山形浩生(評論家)ら、著名な「リフレ派」の面々を前にして、若き歌手が絶唱を繰り広げた。

 鈴木花純(かすみ)、二十二歳。ミスコンに出てもおかしくない整った顔立ちと黒目勝ちの大きな瞳、流れる黒髪。地味といっていいくらいのワンピースで華奢な体をつつみ、だがその歌声は、その場にいたリフレ派や満員の観客を、ぐいぐいその世界観にひきこむ迫力に満ちたものだ。偶然に、機材のトラブルで伴奏が絶えた中でも、鈴木花純は動揺することなく、アカペラで持ち歌の「ゆきか」を歌いきる。まさに絶唱だ。その見事さは、パフォーマンス終了後、経済評論の世界では手ごわいリフレ派の面々が、彼女のCDを買い求めたことでも明らかだ。

 鈴木花純はアイドル「テレジア」のメンバーである。だが、テレジアにはひとりしかメンバーがいない。つまり鈴木花純はソロのアイドルということになる。筆者が、今年もっとも注目するアイドルだ。

 日本には無数のアイドルがいる。その人数は千人を軽くこえるだろう。例えば年末の紅白歌合戦に初出場した欅坂46、ポストPerfumeともいえるNegicco、国際的な評価が極めて高いBABY METALなど。アイドル界だけではなく、文化的なシーンにまで影響を与える人たちの名前をあげるに事欠かない。だが、筆者は、まだ一般的には無名に近い、鈴木花純をその中でも最前列に推したい。

 なぜか。冒頭に紹介したシーンに答えはある。最近、浜田宏一イェール大学名誉教授(内閣府参与)の発言を曲解して、「リフレ派は分裂した」というおかしな主張をする人たちがいる。しかしリフレ派はとうの昔に分裂しているのである。なぜなら、アイドルに関心のあるリフレ派は筆者だけだからだ。冗談めいたことを書いたが、要するにリフレ派の多くはアイドルに興味はない。だが、彼らの多くが鈴木花純の絶唱に聞きほれ、その場でCDを買い求めたことに、鈴木の特徴がすべて出ている。人の心を震わせる歌。それはアイドルというジャンルを超えて、普遍的に人の魂をつかむものだ。

 鈴木花純の芸歴は長い。現在のテレジアの世界を、二人三脚で創り上げている、つぶPこと遠藤正樹プロデューサーに出会ったのが二年ほど前。それ以前から、鈴木は別な事務所でアイドルやモデルとして活動していた。複数のメンバーからなるアイドルに所属し、ライブや撮影会などに励んでいた。筆者は当時の動画をみたことがあるが、正直、そこには現在の鈴木の個性を認めることは難しい。鈴木花純に当時のことを聞いたことがあるが、本人にも苦悩の時代だったといっていいだろう。たまたま対バン(複数のアイドルが参加するライブ)で遠藤と顔見知りになったことが、鈴木の転機となる。同じアイドルグループにいた岡村まゆりと共に、新ユニット「テレジア」を立ち上げることになった。

 テレジア。歴史上、この名前は宗教的なニュアンスを帯びることがある。マザー・テレサの名前の由来ともなっているカトリックの聖人"小さき花のテレジア"はその象徴である。この夭折した聖なる少女の残影が、筆者にはアイドルのテレジアにも重なることがある。実際に、テレジアの代表曲であり、いまも鈴木花純がソロで歌い継ぐ「ゆきか」は、若くして亡くなった遠藤の妹への追慕である。鈴木花純と"つぶP"のふたりの作り出す歌の世界は、失われたものへの尽きない想い、巡り合った人たちとの縁を大切にするもの、そしてなによりも魂の救済とでもいっていいその曲そのもの。そこに奇跡的といっていい、呼気と吐気で織りなされる情感豊かな鈴木の入魂の表現がくわわり、テレジアの世界は生み出されている。

 もちろん今の鈴木花純の歌唱が生まれるにはさらに試練が待っていた。デビューから一年ほどで、岡村まゆりが脱退し、テレジアは解散の危機に瀕した。遠藤プロデューサーは事業からの撤退を決意していたらしい。それを翻意させたのが、「歌を唄い続けたい」という鈴木の願いだった。そのとき、彼女が遠藤に送った言葉は、その後ひとつの曲になっている。

プロフィール

田中秀臣

上武大学ビジネス情報学部教授、経済学者。
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。専門は日本経済思想史、日本経済論。主な著書に『AKB48の経済学』(朝日新聞出版社)『デフレ不況 日本銀行の大罪』(同)など多数。近著に『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)。

今、あなたにオススメ

キーワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の金総書記、新誘導技術搭載の弾道ミサイル実験

ビジネス

アングル:中国の住宅買い換えキャンペーン、中古物件

ワールド

アフガン中部で銃撃、外国人ら4人死亡 3人はスペイ

ビジネス

ユーロ圏インフレ率、25年に2%目標まで低下へ=E
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 3

    存在するはずのない系外惑星「ハルラ」をめぐる謎、さらに深まる

  • 4

    「円安を憂う声」は早晩消えていく

  • 5

    中国のホテルで「麻酔」を打たれ、体を「ギプスで固…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    無名コメディアンによる狂気ドラマ『私のトナカイち…

  • 8

    他人から非難された...そんな時「釈迦牟尼の出した答…

  • 9

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 10

    チャールズ英国王、自身の「不気味」な肖像画を見た…

  • 1

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 2

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 9

    常圧で、種結晶を使わず、短時間で作りだせる...韓国…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story