最新記事
ウクライナ戦争

ロシア兵に狙われた味方兵士を救った、ウクライナ「スナイパー」の正確な狙撃...「凄技」映像が話題

Ukraine Sniper Saves Fellow Soldier From Ambush in Incredible Video

2023年12月2日(土)13時22分
ジェイク・ローダー
ウクライナの凄技スナイパー

Vitezslav Malina/Shutterstock

<待ち伏せ攻撃を仕掛けようとした敵兵を、スナイパーが素早く正確な狙撃で撃退した瞬間を捉えた映像をウクライナ側が公開>

暗い低木の中を、ゆっくりと前進するウクライナ兵──。しばらくすると前方に、待ち伏せていた敵兵が姿を現し、ウクライナ兵に攻撃を仕掛けようとする。すると、後方に潜んでいたウクライナの狙撃兵が素早く銃を発射し、相手の攻撃を阻止して味方を守ることに成功した。

■【動画】ロシア兵に狙われた味方兵士を救った、ウクライナ「スナイパー」の正確な狙撃...「凄技」映像

これはウクライナ国家警察の攻撃部隊が公開した動画で、ウクライナ軍「スナイパー」が、仲間の兵士を待ち伏せるロシア兵を狙撃した瞬間を捉えたものだとしている。

ウクライナ警察部隊は「我々の攻撃グループのプロフェッショナルの仕事だ。陸路で前進している兵士は、国家警察部隊『リュート』の狙撃兵に援護されている。この映像では、狙撃兵がサーマル照準器付きのスナイパーライフルUAR-10でロシアの占領軍兵士を銃撃した」と説明した。

本誌は映像の信ぴょう性について、裏付けを取ることができていない。

3.8キロからの狙撃で世界記録も

ロシアとウクライナの戦争が開始されてから21カ月が経過し、双方の死傷者は増え続けている。正確な死者数は独立した検証がされていないが、11月20日の報道では、開戦以来、ロシア兵31万9000人が死亡したと伝えられている。

ウクライナ軍は過去にも狙撃部隊の成果を主張している。最近ではウクライナ保安局(SBU)が、軍の狙撃兵が3.8キロ離れた距離からの狙撃に成功し、世界記録を更新したと発表。「SBUの狙撃兵が世界記録を樹立した。彼は驚くべき距離からロシア兵を銃撃した」と同局は述べた。

ウクライナ軍兵士の死者数も増加しており、同国議員らによれば、政府は動員対象を拡大する新しい法律の導入に取り組んでいる。ウクライナ政府高官のマリアナ・ベズフラはフェイスブックで、この法律が承認されれば招集できる人数が増えると述べた。

米シンクタンクの戦争研究所によると、ウクライナ軍とロシア軍は冬の極寒に備え、約965キロにわたる戦線で塹壕を掘り始めているという。

「ウクライナ軍とロシア軍は、ウクライナ東部と南部で戦闘活動を継続しているが、冬の天候が本格化するまで、雨天によって戦闘作戦のペースが遅くなる可能性が高い」と同研究所は指摘している。


20240305issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年3月5日号(2月27日発売)は「世界が愛した小澤征爾」特集。[保存版]巨匠・小澤征爾、88年の軌跡。[独占インタビュー]佐渡 裕/イツァーク・パールマン

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ軍、東部の村から撤退 アブデーフカの西方

ワールド

パレスチナ首相が辞意、「ガザ踏まえた政治的取り決め

ビジネス

オアシス、NECの応募差し止めを申し立て 航空電子

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中