最新記事

セレブ

「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、「ひじょうに下品」と言われたドレスに反論

2022年10月28日(金)18時50分
安部かすみ

ブラピと交際?バイセクシャル? 今度はDJと路上キス.....と話題がつきないエミリー・ラタコウスキー REUTERS/Stephane Mahe

<女優でモデルのエミリー・ラタコウスキーの動向が、またアメリカで注目されている。かつて着用したドレスについて「おそらく自分史上、もっとも物議を醸したファッション」と振り返った......>

女優でモデルのエミリー・ラタコウスキーの動向が、またアメリカで注目されている。

ハーパーズバザー誌のYouTube企画『ファッション・フラッシュバック』で、自身のこれまでのファッションについて解説したラタコウスキー。動画の中で、2016年9月に着用したドレスについて「おそらく自分史上、もっとも物議を醸したファッション」と振り返った。

確かに目のやり場に困ってしまいそうな「問題のドレス」は、ファッションデザイナーのジュリアン・マクドナルド氏の作品で、そのドレス姿について「非常に下品」と非難され、彼女のエージェントは「セクシー過ぎる」と怒り、ネットでは大きな論争になったと語った。

また本人は、今でもこのドレスはお気に入りで、着用を決めた当時の自分の意思は変わっていないという。「当時20代だったし、そのドレスについてそれほどセクシーとも思わなかった」。また「(メディアや聴衆に)注目を集めたいからこんなセクシーで下品なドレスを着たのだろう」と言われたことについては、「セレブとしてレッドカーペットを歩くのは何より注目を集めたいからで、興味深いコメントだった」とも話した。

>>■■【画像】お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、セクシーなドレスを語る■■

ブラピと交際?バイセクシャル? 今度はDJと路上キス......

フェミニストとして知られるラタコウスキーは、これまで何度も性差別問題について発言してきた。2017年には、自身のトップレスの写真に対して「彼女をフェミニストと見なすべきではない」と発言した英キャスターのピエール・モーガンに対して遺憾の意を表明したこともある。

そんな彼女だが、最近はファンの間で「バイセクシャルであることをカミングアウトか」という噂も出た。彼女自身が何かを発言したわけではなかったが、10月10日に投稿したTikTokで「あなたがバイセクシャルなら(バイセクシャル女性の必需アイテムとしてオンライン上でトレンドの)緑色のベルベットのソファは持っている?」という質問を受け、ラタコウスキーの表情に思わせぶりな笑みが浮かんだことから「彼女流のカミングアウトではないか」と噂されたのだ。

プライベートでは2021年、映画プロデューサーのセバスチャン・ベア=マクラ―ドとの間に息子を授かったばかり。現在は離婚を申請しており、シングルマザーとして子育てをしている。最近になりブラッド・ピットとの交際の噂が取り沙汰されもしたが、10月に発売された『バラエティ』誌のインタビューで「人生で初めてシングルになったばかり」「シングルの自由を楽しんでいる」と明かしたところだった。

さらに10月14日にはニューヨークで、DJ兼ビジネスマンのオラツィオ・リスポ氏と食事後、路上で見つめ合い、キスをしているところを目撃されている。「新たな恋人の出現か?!」と、こちらもファンの間で大反響を呼んでいる。露出の多いファッションで非難されることの多いラタコウスキーだが、今後もさまざまな話題を振りまき大きな話題となりそうだ。

>>■■【画像】お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、セクシーなドレスを語る■■

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

利上げ幅縮小「12月にも」、最終到達点はやや高く=

ビジネス

FRB、利上げを小刻みに行う時期近づいている=クッ

ビジネス

米CNN、レイオフ実施へ 社内メモで全社員に通知

ワールド

ウクライナ支援にロシア凍結資金運用益を充当、欧州委

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 7

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 8

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 9

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月