最新記事

セレブ

「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、「ひじょうに下品」と言われたドレスに反論

2022年10月28日(金)18時50分
安部かすみ

ブラピと交際?バイセクシャル? 今度はDJと路上キス.....と話題がつきないエミリー・ラタコウスキー REUTERS/Stephane Mahe

<女優でモデルのエミリー・ラタコウスキーの動向が、またアメリカで注目されている。かつて着用したドレスについて「おそらく自分史上、もっとも物議を醸したファッション」と振り返った......>

女優でモデルのエミリー・ラタコウスキーの動向が、またアメリカで注目されている。

ハーパーズバザー誌のYouTube企画『ファッション・フラッシュバック』で、自身のこれまでのファッションについて解説したラタコウスキー。動画の中で、2016年9月に着用したドレスについて「おそらく自分史上、もっとも物議を醸したファッション」と振り返った。

確かに目のやり場に困ってしまいそうな「問題のドレス」は、ファッションデザイナーのジュリアン・マクドナルド氏の作品で、そのドレス姿について「非常に下品」と非難され、彼女のエージェントは「セクシー過ぎる」と怒り、ネットでは大きな論争になったと語った。

また本人は、今でもこのドレスはお気に入りで、着用を決めた当時の自分の意思は変わっていないという。「当時20代だったし、そのドレスについてそれほどセクシーとも思わなかった」。また「(メディアや聴衆に)注目を集めたいからこんなセクシーで下品なドレスを着たのだろう」と言われたことについては、「セレブとしてレッドカーペットを歩くのは何より注目を集めたいからで、興味深いコメントだった」とも話した。

>>■■【画像】お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、セクシーなドレスを語る■■

ブラピと交際?バイセクシャル? 今度はDJと路上キス......

フェミニストとして知られるラタコウスキーは、これまで何度も性差別問題について発言してきた。2017年には、自身のトップレスの写真に対して「彼女をフェミニストと見なすべきではない」と発言した英キャスターのピエール・モーガンに対して遺憾の意を表明したこともある。

そんな彼女だが、最近はファンの間で「バイセクシャルであることをカミングアウトか」という噂も出た。彼女自身が何かを発言したわけではなかったが、10月10日に投稿したTikTokで「あなたがバイセクシャルなら(バイセクシャル女性の必需アイテムとしてオンライン上でトレンドの)緑色のベルベットのソファは持っている?」という質問を受け、ラタコウスキーの表情に思わせぶりな笑みが浮かんだことから「彼女流のカミングアウトではないか」と噂されたのだ。

プライベートでは2021年、映画プロデューサーのセバスチャン・ベア=マクラ―ドとの間に息子を授かったばかり。現在は離婚を申請しており、シングルマザーとして子育てをしている。最近になりブラッド・ピットとの交際の噂が取り沙汰されもしたが、10月に発売された『バラエティ』誌のインタビューで「人生で初めてシングルになったばかり」「シングルの自由を楽しんでいる」と明かしたところだった。

さらに10月14日にはニューヨークで、DJ兼ビジネスマンのオラツィオ・リスポ氏と食事後、路上で見つめ合い、キスをしているところを目撃されている。「新たな恋人の出現か?!」と、こちらもファンの間で大反響を呼んでいる。露出の多いファッションで非難されることの多いラタコウスキーだが、今後もさまざまな話題を振りまき大きな話題となりそうだ。

>>■■【画像】お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、セクシーなドレスを語る■■

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中