最新記事

感染第3波

東京都30日新型コロナ新規感染944人 小池知事「ここで抑えなければ緊急事態宣言を要請せざるを得ない」

2020年12月30日(水)20時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

東京都の小池知事は「年末年始のここで感染を抑えなければ緊急事態宣言を要請せざるを得なくなる」と強い危機感を表明した。REUTERS / Issei Kato

東京都は30日、都内で新たに944人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。これは先週26日の948人に続く過去2番目に多い数字。また水曜日としては過去最多となった。

この日確認された陽性者の内訳は、
10歳未満:11人(約1%)
10代:73人(約8%)
20代:249人(約26%)
30代:178人(約19%)
40代:150人(約16%)
50代:136人(約14%)
60代:60人(約6%)
70代:40人(約4%)
80代:34人(約4%)
90代:12人(約1%)
となっている。また65歳以上の高齢者は105人で全体の約11%を占めている。

また、重症者は前日の84人に対して 1人増えて85人となっている。

これで12月に入って都内で確認された陽性者の合計は17,920人。また累計では58,859人となった。

感染拡大は、PCR検査で陽性者が確認される陽性率にも表れている。東京都の発表した25日の陽性率は8.2%と、緊急事態宣言解除後では最高になっている。また、医療提供体制のひっ迫を受けて自宅療養者が増加、25日から入院患者数を上回る状態が続いている。

小池知事「ここで感染を抑えなければ緊急事態宣言を要請せざるを得ない」

こうしたなか、東京都の小池知事は臨時の記者会見で「かつてない大きさのいわゆる、第3波が襲いかかっている。そしていつ感染爆発が起きてもおかしくない、誰が感染していてもおかしくない、こういう状況にあることを私たちは改めて確認しなければならない。年末年始のここで感染を抑えなければ、私たちはますます厳しい局面に直面をする。そして緊急事態宣言の発出を要請せざるを得なくなる」と強い危機感を表明した。

また、イギリスで確認後、日本でも感染者が確認されている変異種についても言及し、「危機管理の観点から私たちは2つの未知に直面している。第1に新型コロナウイルスの変異種が出ていること。第2はコロナ禍で初めて経験する冬の寒さ。私たちはこれら未知の課題に対し最大級の警戒と備えをする必要がある」と述べた。

そして「感染は今、この瞬間も勢いを増している。この年末年始は感染拡大を食い止められるか否かの分水嶺。皆さん一人一人の行動が来年を決めると言っても過言ではない。どうかこの年末年誌は、忘年会新年会はなし。静かなお正月、家族でステイホームをぜひ徹底していただきたい」と最大限の注意を呼びかけた。

newsweek_20201228_200120.png

感染第3波以降のコロナ患者数の推移

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

今年のドイツ経済、ゼロ成長に上方修正=商工会議所

ビジネス

クレディ・スイス、08年以来の大幅赤字で顧客流出 

ビジネス

スウェーデン中銀、0.5%追加利上げ 4月から量的

ビジネス

英アストラゼネカ、第4四半期売上高が予想わずかに下

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米不満

  • 2

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 3

    絶滅危惧種の赤ちゃんを食べた女性インフルエンサー、約240万円の罰金刑に...

  • 4

    韓国戦車が欧州の戦場を埋め尽くす日

  • 5

    「走る要塞?」...防弾仕様、核電磁パルス対応の武装…

  • 6

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 7

    核魚雷「ポセイドン」、世界最大のロシア原潜「ベル…

  • 8

    「片づけを諦めた」──アメリカ人の神「こんまり」の…

  • 9

    Z世代セレブの間に「ノーパンツ」ブーム? ズボンを…

  • 10

    次の決戦の場は北極圏か?──ロシアが狙うカナダと北…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 4

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 5

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米…

  • 6

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 7

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月