最新記事

北朝鮮

強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

2017年9月14日(木)19時24分
鈴木琢磨(毎日新聞社部長委員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

国連安全保障理事会による追加制裁決議を非難した金正恩委員長 KCNA/REUTERS

北朝鮮の建国記念日の9月9日、金正恩は平壌の中心にある宴会場「木蘭館」にいた。3日に強行した6回目の核実験に関わった科学者や技術者のための盛大な祝宴である。金正恩は科学者らをねぎらいつつ、こうあいさつした。「水素爆弾の爆音は、血の代価で成し遂げた朝鮮人民の偉大な勝利だ」。そして「主体革命の最後の勝利は確定的だ」とまで、自信ありげに言い切った。

この大宴会を伝える朝鮮中央テレビを見ながら、筆者は「これは間違いなく一つのビッグ・ストーリーだ」と思った。北海道上空を越える弾道ミサイルを発射したのに続き、核実験まで強行し、さらに米領グアムまでミサイルで威嚇する。むろん、対米決戦の本気度が増している印象ではあるが、どうもやみくもに挑発している感じでもなさそうなのだ。筆者は何らかのシナリオがある、と見た。

そもそも核・ミサイルは自らの体制を守る最後のとりでではあるが、金正恩の権威を高める有力な武器でもあるということである。その核・ミサイル開発の歴史こそが、金王朝3代にわたる壮大な「大河ドラマ」なのだ。この波瀾(はらん)万丈のストーリーに金正恩を登場させることによって、若き指導者に大いなるカリスマ性を持たせようとしているのだろう。(文中敬称略)

祖父と父の偉業受け継ぐ

筆者がそう感じたのには訳がある。つい先日、入手した金正恩の秘密演説にビッグ・ストーリーが透けて見えるからである。演説は、表紙が緑色の朝鮮労働党出版社が発行した冊子に収録され、13ページにわたって生々しい金正恩の発言が記されている。

タイトルは「自強力第一主義を具現し、主体的国防工業の威力を固めていかなければならない」。金正恩が党と軍の責任幹部に対して行った演説とみられ、日付は「2016年3月6日」。「自強力」とは自力更生の意味である。この演説について労働新聞など平壌のメディアは一切、報じておらず、当日の金正恩の動静報道も無い。その秘密演説が1年以上のブランクを経て17年4月10日に公開されたのは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を控えて対米対決が厳しくなっていくタイミングで、広く人民に金正恩の思いを伝える必要に迫られていたからに違いない。

折しも演説のあった翌7日からは、「斬首作戦」を含む史上最大規模の米韓合同軍事演習を控えていた。16年初には初の「水爆」実験を強行し、2月には「人工衛星」と称する弾道ミサイルも発射、国連安保理で制裁決議がなされ、国際社会の圧力も増していた。

<敵どもがやいばを抜けば長剣を振り回し、銃を出せば大砲を出すのが、偉大な首領さま(金日成)と偉大な将軍さま(金正日)が敵どもとの対決で終始一貫して堅持してこられた信念であり、意志であり、度胸です>

続けてこう言うのだ。

<この世界にわが首領さまと将軍さまのように信念と意志が強固で、度胸のある領導者はいません。首領さまと将軍さまは、この世の中で一番の思想理論家、政治家、鋼鉄の霊将であられるだけでなく、信念と意志の第一強者、第一度胸家でいらっしゃった。私は偉大な首領さまと偉大な将軍さまがお持ちになっていた不屈の信念と意志、度胸で敵どもの強硬に超強硬で堂々と立ち向かっています>

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月