最新記事

自然災害

地震と間違われた最強ハリケーン「イルマ」、米南部に接近中

Historic Hurricane Irma Measures Like an Earthquake

2017年9月6日(水)19時28分
トム・オコナー

米海洋大気局が公開した大西洋上の大型ハリケーン「イルマ」(9月5日) Navy photo/REUTERS

<テキサス州に大きな被害をもたらしたハリケーン「ハービー」を上回る「イルマ」。フロリダ州に上陸すれば深刻な事態になりかねない>

8月下旬に大型ハリケーン「ハービー」に見舞われたばかりの米南部に、ハービーよりさらに大きいハリケーン「イルマ」が接近中だ。週末までに米フロリダ州に上陸する恐れがある。米国立ハリケーン・センター(NHC)によれば、イルマは大西洋で発生したハリケーンの中で観測史上最強の勢力を持つ。あまりの威力に、地震と間違われたほど。揺れで地震計が誤作動したのだ。

【参考記事】ハリケーン被災地にピンヒールで向かったメラニア

NHCは5日、イルマを5段階中最強の「カテゴリー5」に引き上げた。風速は少なくとも毎時290キロ。NHCは、米自治領プエルトリコの東に位置するリーワード諸島に「人命を奪いかねない暴風や高潮、豪雨による被害」が発生する可能性があり、米領バージン諸島、プエルトリコ、カリブ海の島国ハイチ、キューバや他のカリブ海の島々も「極めて危険」と警戒を呼び掛けた。イルマが米南部フロリダ州に上陸する可能性は高まったが、現時点で同州を含む米南部でどれほど猛威をふるうのか、専門家は予想進路や被害予想などの分析を急いでいる。

【参考記事】トランプはハリケーン被災者に1人も会わず。メンタルな問題か

アメリカは、8月下旬に米南部のテキサス州やルイジアナ州に広範な被害をもたらした大型ハリケーン、ハービーからの復興を始めたばかり。

死者60人以上のハービー上回る?

イルマがフロリダ州に急接近するなか、同州のキシミー公益事業局は5日、イルマの勢力があまりに凄まじかったため、カリブ海の地震計が誤って揺れを観測したと報告した。フロリダ州のリック・スコット知事は5日、67郡すべてで非常事態宣言を発令し、8日までに州兵7000人を救助支援のために配備すると表明した。スコットはさらに、州全域に必要な物資を届けやすくするため、フロリダ州の道路を通行する車両の重量制限や運転手に課していたなどの規制を外した。

【参考記事】【写真特集】ヒューストンを襲った記録的な豪雨と大洪水

地元紙オーランド・センチネルによれば、「イルマは人命を危険にさらす重大なハリケーンだ。フロリダ州は最悪の事態に備えて準備しなければならない」とスコットは言った。「我々に準備をしないでおく余裕などない」

スコットは、4日にドナルド・トランプ米大統領と話したことも明らかにした。トランプは先週、ハービーで被災した地域の復旧のため、78憶5000万ドルの予算を米議会に要請した。ハービーは「カテゴリー4」でテキサス州ロックポートに上陸し、全米第4の都市ヒューストンを含む主要都市で猛威をふるった。米南部の複数の州で60人以上が死亡し、多数の負傷者や避難者を出した。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月