最新記事

核兵器

北朝鮮の「水爆」実験、対米圧力へ王手となるか?

2017年9月5日(火)11時02分

9月3日、北朝鮮が水爆実験に成功したと発表したことは、米国を射程圏に入れる核ミサイルを開発するという最終目標に向けた大きな前進だ、と複数の専門家が話している。写真はKCNAが3日配信した、核研究施設を視察する金正恩氏(2017年 ロイター)

北朝鮮が水爆実験に成功したと発表したことは、米国を射程圏に入れる核ミサイルを開発するという最終目標に向けた大きな前進だ、と複数の専門家が話している。

3日に実施した6回目の核実験について、北朝鮮は「二段階熱核爆発装置」と呼ばれる本格的な水爆の爆発を成功させたと主張。これらの核実験は豊渓里の地下で行われているため、外部から結果の確認は難しい。ただ、爆発で生じた地震の震度は米地質調査所の計測でマグニチュード6.3と、北朝鮮が水爆を開発したか、開発に非常に近いことを示す強力な証拠になった。

韓国や日本の当局者の話では、今回の爆発規模は1年前の5回目の実験時の10倍だった。ノルウェーの研究機関「NORSAR」の推定では120キロトンと、広島と長崎に投下された原爆それぞれ15キロトンと20キロトンを大きく上回る。

ソウル国立大学で核技術を研究するKune Y. Suh教授は「爆発規模は誰もが水爆実験と言えるレベルにある。北朝鮮は実質的に核保有国家としての地位を確立した。これは単なる局面の大転換(ゲームチェンジャー)ではなく、詰み(ゲームオーバー)だ」と指摘した。

北朝鮮は7月、大陸間弾道弾(ICBM)の発射実験を2回実施し、米本土の大部分を射程に収めたと表明したが、専門家によると、それは現在生産可能なものよりも軽い核弾頭を搭載する場合だけに限られる。また北朝鮮は、長距離ミサイルが宇宙空間を飛行した後、大気圏に再突入する際に弾頭部分が機能し続けるための技術を持っていることはまだ証明していない。

しかし弾頭の小型・軽量化を進める上で、水爆開発は鍵になる。爆弾のサイズや重量に比べて爆発力がはるかに大きいからだ。

米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)の創設者デービッド・オルブライト氏は「これほどの爆発力を得るには、熱核物質兵器(水爆)が必要になる」と話した。もっともオルブライト氏自身は、今回の実験が純粋な二段階熱核爆発装置だという北朝鮮の発表には疑念を抱いている。

ニュース速報

ビジネス

米インフレは回復へ、ただし「非常に不確か」=イエレ

ビジネス

正午のドルは112円前半、株高には反応薄で軟調

ワールド

北朝鮮は休戦協定違反、韓国亡命の兵士巡り=国連軍司

ワールド

NAFTA再交渉、自動車など重要項目で溝埋まらず

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣の裏側

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 7

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 8

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 9

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 10

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月