最新記事

制裁措置

北朝鮮の制裁逃れはこうして続く

2017年8月30日(水)11時40分
ダニエル・ソールズベリー、エンディ・マト(ジャーナリスト)

金正男の暗殺事件で友好関係が暗転した(マレーシアの北朝鮮大使館) Athit Perawongmetha-REUTERS

<北朝鮮の洗練された武器ビジネスを支えるマレーシアのフロント企業の知られざる実態>

7月4日に北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験に成功したことを受けて、ジョセフ・ユン米国務省北朝鮮政策担当特別代表が東南アジアを訪問した。関係国に北朝鮮への圧力を強めるよう働き掛けるためだ。

11日にはシンガポールで、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の外交当局者らが出席する国際会議「北東アジア協力対話」に参加。その後ミャンマー(ビルマ)も訪れた。

シンガポール、ミャンマーの両国では近年、北朝鮮の不法取引に絡んで重要な出来事が起きている。13年に、キューバで武器を積み込んだ北朝鮮籍の船がパナマ運河で拿捕された。これについてシンガポール政府は、資金調達などに関わった容疑で、自国の海運会社を起訴。有罪判決が下され、今年5月に10万ドルの罰金刑が科された。

07年に国交回復した後、ミャンマーは北朝鮮の武器ビジネスの得意先であり、軍事政権下で北朝鮮から核関連技術が移転されているという疑いもあった。しかし、11年の民政移管後は経済と政治の情勢が大きく変わり、北朝鮮への軍事的な依存を弱めている。

北朝鮮との黒いつながりで、最も注目すべき東南アジアの国はマレーシアだ。北朝鮮がマレーシア企業を隠れみのにして、制裁逃れの武器ビジネスを行う実態が明らかになってきた。

【参考記事】北朝鮮を止めるには、制裁以外の新たなアプローチが必要だ

マレーシアと北朝鮮は73年に国交を樹立し、通商関係を築いてきた。03~04年に双方が大使館を設置して、09年には互いに入国ビザを免除。北朝鮮からビザなしで渡航できる唯一の国として友好関係を続けてきた。

ただし、今年2月にクアラルンプール国際空港で、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)が暗殺される事件が発生。殺害には北朝鮮当局が深く関与しているとされ、両国の外交関係は緊張が高まっている。

マレーシアは多くの東南アジア諸国と同様に、国際的な輸出規制が自国の発展を阻害することを警戒してきた。結果として、核技術の拡散などに利用されてきた事実がある。

04年に発覚した「カーン・ネットワーク」事件では、パキスタンの核開発の父と呼ばれる科学者のアブドル・カディル・カーンらが、北朝鮮やイラン、リビアに核関連物質や技術を売り渡していた。マレーシアのSCOPE社が調達した遠心分離機も、ドバイを経由してリビアの核関連施設に渡ったが、同社は当時のマレーシアの国内法に違反していなかった。

09年に当時のバラク・オバマ米政権は、特にイランとの関係を念頭に、「不法取引の世界で、マレーシアが『第2のドバイ』になりつつある」と懸念を示した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエル、ガザ攻撃 ヨルダン川西岸衝突で対立再燃

ワールド

ロシア、ラトビア大使に国外退去要請

ビジネス

アメックス、23年利益見通しが予想上回る 株価8カ

ビジネス

シェブロンの22年純利益過去最高、四半期利益は予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月