最新記事

北朝鮮ミサイル発射

北朝鮮を止めるには、制裁以外の新たなアプローチが必要だ

Forget Sanctions, Reining in North Korea Will Need a Whole New Approach

2017年8月29日(火)09時00分
三浦瑠麗(国際政治学者)

北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14号」(2017年7月5日配信) KCNA/REUTERS

*以下は、筆者が国際オピニオンサイト、The Conversationに寄稿した2月13日付の英語記事の日本語訳です。

北朝鮮がドナルド・トランプの米大統領就任後初めてのミサイルを発射した時、日本の安倍晋三首相はちょうど、強固な日米同盟を再確認するため訪米中だった。そろって臨んだ記者会見で両首脳は、北朝鮮のミサイル発射を非難する共同声明を発表した。

アメリカは対北朝鮮政策を見直し中と伝えられ、2月初旬に初めて東アジアを訪問したジェームズ・マティス米国防長官は、北朝鮮が核兵器を使用すればアメリカは「圧倒的な」報復で応じると警告し、同盟国である日本や韓国を安心させた。

そうした脅しが北朝鮮に効かなかったのは明らかだ。今後の課題は、過去に北朝鮮を抑止しようと試みたときの教訓も踏まえて、いま何ができるかを問うことだ。

事態はなぜこれほど悪化したのか

2016年11月下旬、国連の安全保障理事会は、ミサイル発射と核実験を繰り返していた北朝鮮に対する新たな制裁決議を全会一致で採択した。だが主として中国が制裁実施に消極的だったため、制裁にはほとんど効果がなかった。

11月の国連制裁決議には、従来の制裁にあった明白な抜け穴を封じる狙いがあった。最も重要なのは、北朝鮮の石炭輸出を半分以下に減らそうとしたことだ。これは国際社会がイランに対して用いたのと同じアプローチで、いずれも核開発の野望を阻止することが目的だ。

2015年7月にアメリカなど主要6カ国がイランと結んだ核合意は、アメリカ国内では不人気だが、外交関係者の間では成功例とみられている。最低でも、イランが完全に核武装する前に、国際社会は時間稼ぎをすることができている。

だが北朝鮮の状況は極めて異なる。北朝鮮の核開発の野望が明るみになってすでに20年以上経つが、問題解決に向けた進展はほとんどない。北朝鮮は核開発どころか、すでに核兵器を手にしてしまった。

北朝鮮は今や最大20個の核弾頭を保有している可能性もあると、専門家は推定する。北朝鮮は2016年9月に5回目の核実験を実施しているので、その使用にもある程度長けてきているとみられる。

ミサイル発射実験も繰り返し、核弾頭をハワイやひょっとしたらアメリカ本土にも撃ち込む能力があることを見せつけている。2月12日に北朝鮮北西部の中国国境付近から発射された中距離弾道ミサイルは、約500キロ飛行してから日本海に落下した。

明らかに、北朝鮮に対する制裁は効果がなかったようだ。その間ずっと、北朝鮮の貧しい国民は、世界で最も残酷な独裁者の1人である金正恩朝鮮労働党委員長の支配下で暮らしている。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮で揺れを観測と中国当局、韓国は「自然の地震」

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 4

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 8

      AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

    • 9

      ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

    • 10

      北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 4

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 5

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 6

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 7

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月
    • 2017年4月