最新記事

軍事産業

国際法禁止クラスター爆弾メーカー、三菱UFJなど金融160社が投資

2017年5月24日(水)16時35分

5月23日、オランダの平和推進NGO「PAX」は、国際法で禁止されたクラスター爆弾の製造会社に対する金融機関からの投資が、最近4年間で310億ドルに達したとの報告書を公表した。写真はシリア北西部、イドリブ県南部で集められたクラスター爆弾。昨年9月撮影(2017年 ロイター/Khalil Ashawi)

オランダの平和推進NGO「PAX」は23日、国際法で禁止されたクラスター爆弾の製造会社に対する金融機関からの投資が、最近4年間で310億ドルに達したとの報告書を公表した。

2013年6月―2017年3月の間に銀行、年金基金、保険会社など160社以上が、クラスター兵器製造会社6社に投資していたという。

クラスター爆弾は上空から投下されるか、発射装置から射出され、空中で爆発して内蔵した数百もの「子爆弾」を広範囲にまき散らす仕組み。不発となった子爆弾は除去するのが難しく、紛争終了後も長期にわたり民間人に被害を及ぼす。国連によると、シリアの内戦では北部アレッポの人口密集地でロシア軍がクラスター爆弾を使用した。

2010年にはクラスター爆弾禁止条約が発効し、100カ国以上が批准した。PAXが名指しした企業は、条約を批准していない米国、中国、韓国などが大半を占めている。

ただ、クラスター兵器メーカーに投資したとされる15の金融機関は、条約批准国であるカナダ、フランス、ドイツ、日本、スペイン、スイス、英国の会社だという。*1

クラスター爆弾メーカーに投資した企業数は、2016年に公表された報告書の150社超から増加し166社となった。ただPAXは、このような投資は容認できるものではなく、企業の評価に影響するリスクもあるとの認識が投資家の間に広がっていると指摘した。

世界100カ国以上で兵器根絶運動を展開している「クラスター兵器連合」(CMC)のフィローズ・アリザーダ氏は「クラスター爆弾は明確な理由によって禁止されている。一般市民に過剰な危害を加えるものだからだ」と指摘。「銀行や金融機関が、違法で有害なこれらの兵器のメーカーに1ペニーたりともお金を投じてはならないのはそれが理由だ。どのような企業や国も、クラスター兵器を製造すべきではない」と強調した。

[ロンドン 23日 トムソン・ロイター財団]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

*注1 「PAX」が公表した報告書には、国際法で禁止されたクラスター爆弾の製造会社に対して投資をした日本の金融機関として、三菱UFJフィナンシャル・グループのほか、第一生命保険、オリックス、三井住友フィナンシャルグループ、三井住友信託銀行が挙げられた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ前線の状況、なお「極めて深刻」=ゼレンス

ワールド

EU、対ベラルーシ制裁強化を協議 来週にも合意の公

ワールド

米中、WTO会合で非難の応酬 鉄鋼・アルミ関税巡り

ビジネス

株式への資金流入が過去6週間で最高に=BofA

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月