最新記事

交通

水素で走る列車は欧州鉄道の未来形?

Zero-Emission Train

2017年1月10日(火)10時40分
アンソニー・カスバートソン

COURTESY ALSTOM

<ドイツのローカル線に今年登場する燃料電池が動力源の新型列車は、ディーゼル機関車のクリーンな代替となるか>(写真:仏アルストムが製造する水素燃料電池列車)

 かつて蒸気機関車が走っていた線路をディーゼル機関車が走るようになり、ついには電化される――それが鉄道の進化の流れだとすれば、欧州に今も多く残るディーゼル区間も、将来的には電化されることになる。

 だがドイツで近くお目見えするのは、水素を使った燃料電池を動力とする新型列車だ。17年12月、ドイツ国内の一部ローカル線では、高速鉄道車両メーカーの仏アルストムが製造する「コラディア・アイリント」が運行を始める計画だ。同社のアンリ・プパルラファルジュCEOは「クリーンな交通機関という分野に革新的な新技術を投入できることを誇りに思う」と述べた。

 アルストムによれば、コラディア・アイリントはこれまでローカル線を走っていたディーゼル車と同等の走行能力を持つ。しかも排ガスや二酸化炭素を排出せず、さらに燃料となる水素は化学工場から副産物として排出されたものを利用する。

 ディーゼルエンジンを使わないため、騒音がかなり軽減されるメリットもある。これは乗客にとっても、沿線住民にとってもありがたいことだ。

【参考記事】最適な生育環境を「コピペ」して栽培できる農業技術「フード・コンピュータ」

 水素燃料電池列車は、ドイツ北西部ニーダーザクセン州の約100キロの区間を走る予定だ。計画が順調に進めば、さまざまな可能性が生まれそうだ。今でもなお、欧州の鉄道網のかなりの部分は電化されておらず、アルストムによればドイツだけで4000両ものディーゼル車が走っている。

 水素燃料電池列車の運行は、完全電化が現実的でない区間に電化とほぼ同等の恩恵をもたらす貴重な機会となるかもしれない。コラディア・アイリント導入のハードルを下げるため、アルストムでは車両製造から保守、水素の供給インフラ整備までをまとめて請け負う計画だ。

 ニーダーザクセン州での運用がうまくいった暁には、ドイツの他の州でもコラディア・アイリントの導入が相次ぎそうだ。デンマークやオランダ、ノルウェーといった国々も関心を示している。

 燃料電池列車の運行を始める場所としてドイツは理想的な条件がそろっている。化学工業が盛んなおかげで、既に長大な水素パイプラインのインフラが存在する。2023年までに、燃料電池自動車向けに400カ所を超える水素ステーションを整備する計画もある。

 水素で走る列車が欧州で当たり前の風景になる日も、そう遠くはないのかもしれない。

[2017年1月10日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

タカタ再建計画、被害者より自動車メーカー優遇=米被

ビジネス

中国版ベージュブック、第2四半期は景気回復続く

ビジネス

アングル:新たな信用危機に見舞われる中国の中小企業

ビジネス

焦点:米自動車業界、すでに現れた「後退」の兆し

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月