最新記事

犯罪

なぜコロラド州で銃乱射が繰り返されるのか

Aurora Shooting: Was State Law a Factor?

コロンバイン高校銃乱射事件から13年、わずか30キロの場所で再び惨劇が起きたのは州法のせい?

2012年7月23日(月)17時15分
リジー・トメイ

 先週末にコロラド州オーロラ市中心部の映画館を突然襲った悲劇を、13年前のあの事件と重ね合わせた人も多かったに違いない。99年、今回の犯行現場からわずか30キロほどのコロラド州リトルトンで起きた、コロンバイン高校銃乱射事件だ。 

 オーロラ市の映画館を襲撃した容疑者はジェームズ・ホームズ、24歳。7月20日未明、ライフルとショットガン、それにピストル2丁を持って、『バッドマン』シリーズ最新作の『ダークナイト ライジング』を先行上映中の映画館に入り、客に向けて無差別に発砲した。先週末の時点で、死者は12人、負傷者は58人に上った。

 事件を受けて、メディアでは銃規制の是非を問う議論がヒートアップしている。なぜコロラド州で、このような痛ましい事件が繰り返されるのか。州レベルの銃規制に何か特別な欠陥でもあるのだろうか。

 コロラド州警察のウェブサイトによれば、同州では弾薬を込めていようがいまいが銃を「住居や職場、自動車内で」携帯することを認めている。現職もしくは退職した警察官でない限り、外から見えない形で銃を携帯するには郡保安官から許可をもらう必要があるが、銃を所有する際の登録制は禁止している。

学校内でも銃を携帯できる

 しかし、こうした銃に寛容な姿勢が今回の惨劇を招いたと結論づけるのは尚早だ。2年前にニュースサイトのデイリービーストが発表した「銃の販売が最も多い州トップ20」によれば、コロラド州が特に銃の保有率が高いとはいえない。このリストは、銃を販売する際にFBI(米連邦捜査局)のデータベースで客の犯罪歴をチェックした件数が、各州の州民10万人あたり何件あったかを割り出したもの(実際に何回売買されたか、1回あたり何丁売買されたか、何人に売買されたのかを把握するものではない)。

 同リストでは、コロラド州のチェック数は全米で14位。州民10万人につき、1万5086件の売買機会があった。全米1位はケンタッキー州で、3万315件だった。

 もっとも、州レベルの規制がどの程度銃犯罪に影響するかは分からない。デイリービーストの調査によれば、首都ワシントンは人口当たりの銃の売買が全米でも少ないほうだが、犯罪率は全国平均を上回り、治安が悪いことで有名だ。

 今回の銃乱射事件の容疑者ホームズは、6月に退学手続きをするまでコロラド大学医学部大学院で神経科学を専攻していた。同大学では、キャンパス内での銃携帯を禁じていたが、今年3月にコロラド州最高裁がこの規則を覆し、21歳以上の州民は許可があれば銃を携帯できるとする州法をキャンパス内でも適応するという判決を下したばかりだった。

 その代わりというわけではないが、同州では、今回のように人が多い建物の中で銃撃事件が起きた際に迅速に対処できるよう、警察の対応方針を変更していた。以前は、現場に最初に着いた警官は建物の中に駆け込まず、現場を包囲してSWAT(特殊部隊)が到着するのを待つことになっていた。しかしコロンバイン高校銃乱射事件の後は、SWATを待たずに現場に入り、できるだけ早く犯人を殺害するか取り押さえることになった(今回の事件でその方針が適応されたかは分からない)。

 しかし銃乱射が起きた後では、いずれにせよ手遅れだろう。

From GlobalPost.com

ニュース速報

ビジネス

ポンド2カ月ぶり高値、EU離脱通知で政府敗訴の見方

ワールド

英離脱最終合意は18年10月までに、EU側責任者が

ワールド

イタリア総選挙2月にも、内相が可能性示唆

ワールド

石油市場のリバランス、減産合意で早まる可能性=IE

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 3

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 4

    金正恩氏の核開発と「拷問・処刑」の相関関係

  • 5

    人民元、関税、南シナ海──トランプの対中批判はどこ…

  • 6

    トランプ・蔡英文電話会談は周到に準備されていた?

  • 7

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 8

    「トランプとプーチンとポピュリストの枢軸」が来年…

  • 9

    実録・昏酔強盗、警察も対応不能な驚きの「完全犯罪」

  • 10

    実録・昏酔強盗、警察も対応不能な驚きの「完全犯罪」

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 10

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 10

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月