最新記事

告発文書

ウィキリークスの機密情報は「事実」か

生のまま垂れ流されたリーク情報は万能じゃない

2010年11月11日(木)15時18分
クリストファー・ディッキー(中東総局長)

生の機密情報は厄介だ。「生半可な知識は危険だ」と、18世紀の英詩人アレキサンダー・ポープも戒めていた。話題の内部告発サイト「ウィキリークス」が公開した米軍の膨大な機密文書の垂れ流しも、実に危険極まりない。

このたびリークされたのは、命懸けでアフガニスタンやイラクの戦場にいる米兵たちが、状況もよく分からないまま書きつづったものだ。それが生のままで公開されれば、みんなが自分に都合の良い部分だけつまみ食いするようなことが起きる。戦争反対のリベラル派や穏健派はウィキリークスのやり方を原則として支持しているが、過激派の喜びそうな内容がたっぷり含まれることを忘れてはならない。

 既にタリバンは、これらの文書から米軍への協力者を割り出そうとしている。もっと危険なのはイランに関する部分だ。そこにはイランとアメリカの戦争を望む勢力を利する情報が含まれている。

昔かたぎのジャーナリストなら、恐れずに事実を書け、そうすれば最後には真実が勝つ、と言うだろう。むろん、この場合の「事実」は事前にチェック済みでなければいけない。ウィキリークスのように、生の情報を垂れ流すのとは違う。

イラク駐留米兵に対する攻撃にイランが加担していたと聞かされれば、どんな平和主義者もイランへの攻撃は当然という気分に傾くのではないか。イランがレバノンのイスラム過激派組織ヒズボラともども、イラクのゲリラに米兵奇襲のやり方を手ほどきし、米軍の装甲車両を吹き飛ばせるほど強力な路肩爆弾を与えていたとする文書もある。

矛盾といかがわしさだらけ

 イランの爆弾や奇襲に関する情報は驚くほど具体的だが、話としてはどれも目新しいものではない。しかしアメリカ国内のタカ派は、これら「新たに暴露された機密書類」をイラン攻撃の根拠として利用できるだろう。

 何しろ今は、イランが原子炉に燃料装填作業を始めた時期。アメリカ人が中間選挙に気を取られていなかったら、イランとの軍事的な緊張は日増しに高まっていたに違いない。

 ウィキリークスは、古びた話を火の付きやすい形で提示しているだけだ。その文書に「正確で軍隊式」と記されている拉致方法は、もともとイランやヒズボラのお家芸だ。それを教わったイラクの武装勢力は、早速実行に移した。06年にはイランで訓練を受けたイラク人が首都バグダッドのトンネル内で米軍攻撃を企てたが、これは発覚して失敗。だが1カ月後、別の場所にいた米軍が似たような手口で襲われて1人が即死、ほかの4人も拉致後に殺害された。

 アメリカ人旅行者3人が昨年夏、イラク北部をハイキング中に誤って国境を越えてイラン側に拘束された事件についても、一連の文書は矛盾だらけの情報を垂れ流している。例えば昨年書かれたある文書は、この3人がイラン人によってイラク領内で拘束されたとしている。イランを悪者に、この3人を殉教者に仕立てたい人たちが大喜びしそうな内容だ。

 旅行者の1人サラ・ショードは解放されたが、シェーン・バウアーとジョシュ・ファタルの2人は刑務所に収監されたままだ。イラン検察は彼らをスパイ容疑で起訴する方針を固めたが、ウィキリークスの公開文書の中には、そのイラン検察が喜びそうな記述もある。

 事件が起きた09年7月当時、イラン政府は大統領選挙後の大規模な反政府デモの衝撃から立ち直れずにいた。そして、何とかして外国人スパイによる陰謀というストーリーをでっち上げようとしていた。そこへ登場したのがこの3人だ。もちろん3人の親族はスパイ説を真っ向から否定している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏大口献金者メロン氏、無所属ケネディ氏に追

ビジネス

米ターゲット、5000品目を値下げへ 買い物客呼び

ビジネス

JPモルガン、純金利収入予想引き上げ 軟着陸想定も

ビジネス

米レッドロブスター、連邦破産法11条の適用を申請
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中