最新記事
アメリカ

ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子供を「蹴った」年配女性の動画が大炎上 「信じ難いほど傲慢」

Woman kicks child at Diamondbacks game in viral video

2024年4月20日(土)08時01分
ビリー・シュワブ・ダン
ダイヤモンドバックスの試合中に観客同士がもめごと

Darryl Webb-Reuters

<アリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地チェイス・フィールドで、観客同士のもめごとが動画に撮影され大きな注目を集めている>

米大リーグのアリゾナ・ダイヤモンドバックスの試合中、スタンドにいた年配の女性が自席の前を通ろうとした子どもの通行を邪魔し、さらにはその子どもを蹴る様子が、近くにいた観客によって撮影された。この動画はインターネット上で拡散され、大きな注目を集めている。

■【動画】「意地悪」「家から出るな!」 大リーグの球場で、自席の前を横切る子どもを蹴った女性

TikTokユーザーのSierra Ravenは4月14日にこの動画を投稿。「チェイス・フィールドのレフト側外野席がアツい......頑張れ、ダイヤモンドバックス!」と言葉を添えた。チェイス・フィールドは、アリゾナ州フェニックスにあるダイヤモンドバックスの本拠地だ。この動画は本記事の執筆時点で99万8300回視聴されている。

動画がいつ撮影されたものかは確認されていないが、ダイヤモンドバックスは14日にセントルイス・カージナルスと対戦していた。

問題の動画には、グローブとサングラスをつけ、ダイヤモンドバックスのユニフォームを着た少年がレフト側外野席の自分の席に戻ろうとしている様子が映っている。だがほかの人の前を通って席に戻ろうとする少年を遮るように、一人の女性が片足を伸ばして壁につけている。

少年は女性が足をどかしてくれるのを待ったが、女性は一向に足をどかそうとしない。よく聞くと、女性が少年に「またいで行ってよ」と言うのが聞こえるが、少年が女性の足をまたぐと、女性は後ろから少年の足を蹴った。

「どうして年寄りは若者を憎むのか」

動画には、近くの席の人が「どうしてそんなことをするの?」と女性に問いかける声が入っている。周りにいたほかの観客から上がった声はくぐもっていてよく聞き取れないが、少年が女性に返した言葉ははっきり聞こえる。「僕は11歳。あなたは80歳。時間を有意義に使って」

本誌はTikTok上でRaveにメッセージを送り、またアリゾナ・ダイヤモンドバックスの広報担当者にもメールを送ってコメントを求めたが、返答はなかった。

その後@PicturesFolderがX(旧ツイッター)上でこの動画を共有し、視聴回数はこれまでに2860万回にのぼっている。動画には「権利を主張する年配女性が足をどかそうとせず、子どもが彼女の足をまたぐと怒って蹴った」という説明が添えられた。

動画を見た人々からは不快感を表明するコメントが寄せられ、多くの人が女性の少年に対する振る舞いを批判した。

ある人物は、「どこかのババアがうちの子どもに触ったら、ただではおかない」とコメント。別の人物は「どうして年寄りは若者を憎むのか???」と問いかけ、また別の人物は「人生にそんなに不満があるなら、黙って家から出なければいい。この少年は、ほかにどうやって席に戻れたっていうんだ?」と書き込んだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅

ビジネス

日経平均は反落、一時700円超安 米利下げ観測後退

ワールド

英総選挙、野党のリードが小幅に拡大 投票日決定後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中