最新記事
映画

権力欲が強く快楽を求める妻が鮮烈、映画『ナポレオン』迫力ある戦闘シーンと、描ききれなかったもの

A Spectacular Mess

2023年12月8日(金)11時45分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)
ナポレオン ホアキン・フェニックス

フェニックスが演じるナポレオンは矛盾した衝動が絡み合う魅力的な人物

<ホアキン・フェニックス主演の大作は、戦場より「寝室」が刺激的。人生のハイライト映像のようだが、欠けているものがある>

ナポレオン・ボナパルトは30代半ばで権力の座に上り詰め、1821年に51歳で死去するまで多くの歴史をつくった。映画『ナポレオン』ではその間の彼を、49歳のホアキン・フェニックスが演じ切る。

ナポレオン戦争として知られる長きにわたる国際紛争の間、彼は1805年のアウステルリッツの戦いのような歴史に残る軍事作戦を率いたが、「冬将軍」に敗北したロシア遠征のような無謀な失敗も犯した。『ナポレオン』はこれらを迫力ある戦闘シーンで描くが、いくらドラマチックでも観客には飽きがくる。

最も刺激的な戦いは軍隊の衝突ではなく、ナポレオンと最初の妻ジョゼフィーヌ(バネッサ・カービー)の関係だ。貴族出身の彼女はナポレオンの愛と嫉妬の対象となるが、結婚生活は最初からけんか腰だった。登場する時間はフェニックスよりはるかに少ないものの、権力欲が強く快楽を追い求めるジョゼフィーヌの描写は鮮烈だ。

映画の始まりは、フランス革命中の「恐怖政治」時代。ナポレオンという名の若い将校が、マリー・アントワネットがギロチンにかけられるのを群衆の中から見守る(この場に彼がいるのは創作だ)。その直後、彼は南仏のトゥーロン攻囲戦で英・スペイン艦隊を破り、名声を手にする。

エジプトでの一連の勝利によって、ナポレオンはフランスで一躍有名人になり、権力への道を駆け足で進む。だが、この国民的英雄は奇妙な存在だ。人柄は粗野で尊大。戦場で発する楽観的な言葉は、妄想に近い(「勝利は目の前だ!」と、彼はフランス兵の遺体が転がるなかで叫ぶ)。

退屈な演技は、フェニックスにはできない。彼が演じるナポレオンは、矛盾した衝動が絡み合う魅力的な人物だ。小心で利己的で衝動的なのに多くの人々を動かし、神話化した自分を信奉させる。そして、人々は命さえ差し出す。


『ナポレオン』予告編 ソニー・ピクチャーズ映画/YouTube

現代的意味があったのに

筆者としては、ナポレオンの風変わりな面を知る時間をもっと増やしてほしかったし、兵士たちが大砲でズタズタにされる時間をもう少し減らしてほしかった。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

バークシャー、日本の5大商社株保有比率引き上げ 約

ビジネス

バフェット氏「目を見張る」業績終わった、長期的に株

ワールド

ナワリヌイ氏遺体、母親に引き渡し 夫人は「拷問」と

ビジネス

米石油掘削リグ稼働数、11月以来の大幅増=ベーカー
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 3

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 4

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中