最新記事

音楽

成熟し、進化を遂げるサウンド──夜更けが似合うアークティック・モンキーズの新アルバム

Another Change in Direction

2022年12月2日(金)12時44分
デービッド・チウ

待望の新作『ザ・カー』も前作に続いて期待を鮮やかに裏切るサウンドが詰まっている ZACKERY MICHAEL

<音源をCDに焼いてライブで配り、インターネットで口コミで広がったことは、今や伝説に。結成20年を迎え、エレガントな新作はさらなる進化を感じさせる>

2018年、アークティック・モンキーズが通算6枚目のスタジオアルバム『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』をリリースすると、ファンはその変貌に仰天した。

アークティック・モンキーズといえば、ハードなギターがトレードマークのロックバンドだった。それが『トランクイリティ』ではバート・バカラックやビーチ・ボーイズを連想させるサイケやラウンジポップを取り入れ、ギターよりもピアノを前面に出したのだ。

だが劇的な方向転換にもファンの気持ちは揺らがなかったようで、『トランクイリティ』は前5作に続き、イギリスのヒットチャートで1位を獲得した。

次は元のサウンドに回帰するのではと、ファンは期待したかもしれない。だがそうした期待に縛られず、さらなる進化を遂げようとするイギリス・シェフィールド出身4人組──アレックス・ターナー(ボーカル・ギター)、マット・ヘルダーズ(ドラム)、ニック・オマリー(ベース)、ジェイミー・クック(ギター)──の決意は固い。

10月21日に発表された7枚目の『ザ・カー』にも、『トランクイリティ』の夜更けが似合うサイケデリックでエレガントな雰囲気は引き継がれた。今回はストリングスとホーンを使い、前作よりも緩やかで、浮遊感と広がりのあるサウンドに仕上がっている。

「新作に取り掛かるときは、前とは全く違う音楽をつくろうと意気込む」と、フロントマンのターナーは語る。

「でも新しいアルバムができてみると、前の作品が溶け込んでいることに気付かされる。こうして『ザ・カー』をつぶさに振り返ると、つくづく前作の影響を感じるよ。今までしてきたことから離れようとしても、過去の余韻は残る。それが未踏の地を目指す僕らの足を引っ張らなければいいのだが」

「別れ」の表現も型破り

プロデュースは、ハイムやフォールズなどを手掛ける盟友ジェームズ・フォードが担当した。一聴すると(『ヤング・アメリカンズ』から『ステイション・トゥ・ステイション』時代の)デヴィッド・ボウイ、セルジュ・ゲンズブール、ニック・ケイブ、スコット・ウォーカーに1970年代のR&Bやポップ色が強いグラムロックが思い浮かぶ。

それでもやはり、これは紛れもなくアークティック・モンキーズのサウンドだ。

「最近はほかのアーティストと自分の間に線を引くのが、前より難しくなった気がする」と、ターナーは言う。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物3%高、FRB議長発言で利上げに対する懸念

ビジネス

米インフレ対応に「かなりの時間」、好調な雇用統計受

ビジネス

FRB、バランスシート縮小終了まで「数年」=パウエ

ワールド

カナダ中銀、追加利上げ不要 予想通りインフレ低下な

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月