最新記事

BTSが愛される理由

グラミー賞でBTSテテが見せた最強のコミュ力

2022年4月8日(金)11時00分
大橋 希(本誌記者)
グラミー賞でパフォーマンスするBTS

受賞は逃したもののグラミー賞授賞式で圧巻のパフォーマンスを披露するBTSのメンバー(右端がV) Mario Anzuoni-REUTERS

<ステージの外で目立ったのは「テテ」ことV(ヴィ)の打ち解け力。オリビア・ロドリゴと親密にする役もコミュ力を買われてのことか>

mag0412bts_cover.jpg4月3日(現地時間)に米ラスベガスで開催されたグラミー賞授賞式。最優秀ポップデュオ/グループ・パフォーマンス賞にノミネートされていたBTS(防弾少年団)は惜しくも受賞を逃したが、「Butter」の見事なパフォーマンスで会場や視聴者を魅了した。

3月下旬にメンバーのJ-HOPE(ジェイホープ)が新型コロナウイルス陽性となり、他のメンバーより一足遅れてアメリカに入国。JUNG KOOK(ジョングク)も渡米後すぐに陽性反応が出たため、7人そろって式に参加できるか心配したファンも多かったが、無事みんなでステージに立つことができた(3月に左手指を手術したJINは座る演出が多かった)。

本誌4月12日号特集「BTSが愛される理由」の中で、「ひとことで言うと、完成されたエンターテインメント」という言葉が出てくるが、グラミーでのパフォーマンスもまさにそれだった。『007』などスバイ映画風の演出で、とにかく痺れたのがダンスブレイク。『ミッション:インポッシブル』のような場面はスリリングだったし、ジャケットを使った振り付けには目を奪われた。ちなみに前者では、BTSのバラエティー番組「Run BTS!」126話の一場面を思い出した人もいるのでは? このかっこよさと愛嬌が絶妙に交じったところが彼らの魅力でもある。

ステージ以外で目立ったのは、なんといっても「テテ」ことV(ヴィ)のコミュニケーション力。愛されキャラで、「social butterfly(社交家)」と言われる彼は誰とでもすぐに打ち解けることで知られている。パフォーマンス中、オリビア・ロドリゴと親密にする役が回ってきたのもこのコミュ力を買われてだろうか(多くのARMYは気が気でなかったろうが......)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=ダウ1カ月ぶり高値、出遅れ銘柄に買い

ビジネス

再送-カナダ経済、雇用拡大と経済成長可能 インフレ

ワールド

国連とイスラエルの緊張悪化、事務総長が偽情報を非難

ワールド

バイデン陣営、トランプ氏「口撃」 中絶問題巡り 最
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中