最新記事

ビートルズ

ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールであることを伝えたい

The Marvel That Is McCartney

2021年12月1日(水)17時45分
ジャック・ハミルトン

今もなおマッカートニーとレノンが愛されるソングライターなのは2人がタッグを組んで切磋琢磨をしたから BETTMANN-GETTY IMAGES-SLATE

<ジョン・レノンと共に時代を変えたポール・マッカートニーが、全154曲の歌詞を集めた『詩集』で音楽人生を振り返る>

ビートルズの中で一番優れた作詞家はポール・マッカートニーだと主張することに、昔から筆者は偏屈な喜びを感じている。

マッカートニーの歌詞が陳腐、大仰、ナンセンスのそしりを受けているのは、ファンなら誰でも知っている。だが私に言わせればゴリゴリのジョン・レノン派は鼻持ちならない連中だし、ジョージ・ハリスンを推すのは退屈だ。

マッカートニーが実質的に書いた能天気な「ハロー・グッドバイ」とレノンの気取った「アイ・アム・ザ・ウォルラス」の一方を選べと言われたら、私は迷わず前者を選ぶ。

とはいえ、「ビートルズで一番○○なのは誰か」という議論は基本的にばかげている。大衆文化においてビートルズほど、複数の才能が大きな相乗効果を発揮した例はない。

今なおマッカートニーとレノンが最も愛されるソングライターなのは、2人がタッグを組んだから。切磋琢磨しつつ、「レノン=マッカートニー」の名義で時代を変える名曲の数々を生んだからだ。

11月に出版された『詩集/1956年~現在』(リブライト社刊)を熟読した結果、私はやはりマッカートニーを推したい。『詩集』は960ページに154曲の歌詞を収録し、一曲ごとにマッカートニーがエッセーを寄せた上下2巻の豪華本。写真や落書き、書簡などのお宝も楽しめる。

曲になじみ過ぎてすごさが分からない

歌詞の味わいは、本で読んでも完全には伝わらない。それがたぐいまれな聴覚の持ち主の作品なら、なおさらだ。マッカートニーの歌詞は傑出した音楽的才能のたまもの。曲に完璧になじんでいて、かえってすごさが分からない。

例えば1965年の「夢の人」。「さっき顔を見たんだ/見た時も場所も僕は忘れない/彼女こそが運命の人、2人の出会いを世界に見せたい」とほとばしる歌詞は、やがてハミングに変わる。2人の出会いを世界に見せたい、とは何と美しい心情だろう。

「オール・マイ・ラヴィング」の「目を閉じてよ。キスしてあげる」ほど、ラブソングの幕開けにふさわしい歌詞があるだろうか。

イメージを呼び覚ますのも(「彼女が手を振るたび僕の人生は変わっていく」=「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」)、気の利いた格言を繰り出すのも(「愛には一夜で消えるという不愉快な癖がある」=「君はいずこへ」)、マッカートニーの得意技だ。

60年近く世界有数の名声を保ってきただけあり、マッカートニー(79)はセレブの手本だ。驚くほど人当たりがよく、いつもエネルギッシュで腰が低い。一方で魅力の奥には、警戒心が見て取れる。マッカートニーは自伝を書いたことがなく、自分のイメージを入念に操作してきた。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、24企業・団体を輸出規制リストに追加 ロシア軍

ワールド

欧米当局、タンカー滞留巡りトルコと協議=英財務省筋

ワールド

キーウで今冬「終末」のシナリオも、電力・水供給断た

ビジネス

マスク氏、世界長者番付トップの座を一時明け渡す=フ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで却下された残念な理由

  • 4

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 8

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 9

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 10

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月