最新記事

健康

「女性用バイアグラ」の正しい基礎知識

安易な俗称が誤解を招く。女性の性欲低下を治療する新薬の効果は?

2015年9月8日(火)17時30分
エイミー・ノードラム

注目度は抜群 女性の性欲低下は薬で治せる症状なのか、という議論も続いている Juanmonino-iStockphoto

 米食品医薬品局(FDA)は先週、女性の性的欲求低下障害(HSDD)の治療薬フリバンセリン(商品名アディー)を承認した。「女性用バイアグラ」として話題になっているが、男性の勃起不全(ED)治療薬との比較は誤解を招きかねないと、専門家は警鐘を鳴らす。

「バイアグラが爆発的に売れたから、女性の性的問題に関する薬は何でも『女性用バイアグラ』と呼ばれるが、実際はかなり違う」と、ニューヨーク大学医学大学院の心理学者レオノア・ティーファーは言う。

 そこで、フリバンセリンの基礎知識を学んでおこう──。

バイアグラとは「効き方」が異なる

 バイアグラは性器の血流を改善して勃起を促進するのに対し、フリバンセリンは脳の中枢神経系に働き掛ける。

「ドーパミンの分泌を促し、(気分障害などに関係する)2種類のセロトニンを調整する」と、サウスフロリダ結婚・性の健康センターのスタンリー・アルトホフ事務局長は言う。

 ティーファーは抗鬱剤に例える。実際、フリバンセリンは抗鬱剤として開発中に、性欲促進の効果があるかもしれないと気付いたことが誕生のきっかけだ。

すぐには効かない

 バイアグラは性器の血流に直接働き掛けるため、服用後すぐに効果が表れる。それに対し、臨床試験でフリバンセリンを毎日服用した女性が、偽薬を服用した女性に比べて性的問題が改善されたのは、服用開始から4週間後だった。ティーファーによると、「効果のピーク」は服用開始から8週間後だった。

 バイアグラは必要なときだけ服用し、45分以内に効果が表れるが、フリバンセリンは毎晩服用しなければならない。

効果がない女性もいる

 製造元のスプラウト・ファーマシューティカルズは、アメリカ人女性の10人に1人、最大1600万人の治療に役立つだろうとみるが、これはHSDDを抱える人のごく一部にすぎない。同社によれば、アメリカの成人女性の3人に1人が性欲低下に悩んでいるのだ。

 多くの女性は、生活を変えてストレスを軽減する、抗鬱剤の服用をやめる、恋愛カウンセリングを受けるなど、投薬以外のほうが効果は高いかもしれないと、アルトホフは言う。

 さらに、臨床試験に参加した女性は結婚期間が平均10年で、5年近くHSDDに苦しんでいた。一時的に性欲低下を経験するという女性には、新薬は向いていないかもしれない。

劇的な効果はない

 フリバンセリンを服用した女性は、満足を得た性行為の回数が月に平均4.4回。偽薬を服用した女性は平均3.7回。臨床試験前の調査では平均2.7回だった。

「バイアグラや同種の薬は、男性の大多数に確実な反応をもたらす。フリバンセリンはほどほどだ」と、アルトホフは言う。FDAが過去2回、承認を見送った理由の1つも、効果があまり高くないからだ。

 それでもHSDDに悩む女性にとって、月に1回でも満足を得られる性行為ができれば価値はあるかもしれないと、アルトホフは付け加える。

懸念される副作用

 6月にFDAの諮問委員会で承認に賛成した人々は、失神、吐き気、血圧低下などの副作用について、ラベルに明記するだけでなく改善策が必要だとスプラウト社に忠告した。「同時に服用してはいけない処方薬の名前が列挙され、アルコールと一緒に服用しないことなど、多くの注意事項が記されるだろう」と、ティーファーは言う。


 10月には発売の見込みだ。正しい理解の下、女性たちの心強い味方になればいいのだが。

[2015年9月 1日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    和歌山カレー事件は冤罪か?『マミー』を観れば死刑…
  • 10
    南シナ海で睨みを利かす中国海警局の「モンスター船…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 7
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 8
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 9
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中