最新記事

健康

「女性用バイアグラ」の正しい基礎知識

5 Facts Women Should Know About Flibanserin

安易な俗称が誤解を招く。女性の性欲低下を治療する新薬の効果は?

2015年9月8日(火)17時30分
エイミー・ノードラム

注目度は抜群 女性の性欲低下は薬で治せる症状なのか、という議論も続いている Juanmonino-iStockphoto

 米食品医薬品局(FDA)は先週、女性の性的欲求低下障害(HSDD)の治療薬フリバンセリン(商品名アディー)を承認した。「女性用バイアグラ」として話題になっているが、男性の勃起不全(ED)治療薬との比較は誤解を招きかねないと、専門家は警鐘を鳴らす。

「バイアグラが爆発的に売れたから、女性の性的問題に関する薬は何でも『女性用バイアグラ』と呼ばれるが、実際はかなり違う」と、ニューヨーク大学医学大学院の心理学者レオノア・ティーファーは言う。

 そこで、フリバンセリンの基礎知識を学んでおこう──。

バイアグラとは「効き方」が異なる

 バイアグラは性器の血流を改善して勃起を促進するのに対し、フリバンセリンは脳の中枢神経系に働き掛ける。

「ドーパミンの分泌を促し、(気分障害などに関係する)2種類のセロトニンを調整する」と、サウスフロリダ結婚・性の健康センターのスタンリー・アルトホフ事務局長は言う。

 ティーファーは抗鬱剤に例える。実際、フリバンセリンは抗鬱剤として開発中に、性欲促進の効果があるかもしれないと気付いたことが誕生のきっかけだ。

すぐには効かない

 バイアグラは性器の血流に直接働き掛けるため、服用後すぐに効果が表れる。それに対し、臨床試験でフリバンセリンを毎日服用した女性が、偽薬を服用した女性に比べて性的問題が改善されたのは、服用開始から4週間後だった。ティーファーによると、「効果のピーク」は服用開始から8週間後だった。

 バイアグラは必要なときだけ服用し、45分以内に効果が表れるが、フリバンセリンは毎晩服用しなければならない。

効果がない女性もいる

 製造元のスプラウト・ファーマシューティカルズは、アメリカ人女性の10人に1人、最大1600万人の治療に役立つだろうとみるが、これはHSDDを抱える人のごく一部にすぎない。同社によれば、アメリカの成人女性の3人に1人が性欲低下に悩んでいるのだ。

 多くの女性は、生活を変えてストレスを軽減する、抗鬱剤の服用をやめる、恋愛カウンセリングを受けるなど、投薬以外のほうが効果は高いかもしれないと、アルトホフは言う。

 さらに、臨床試験に参加した女性は結婚期間が平均10年で、5年近くHSDDに苦しんでいた。一時的に性欲低下を経験するという女性には、新薬は向いていないかもしれない。

劇的な効果はない

 フリバンセリンを服用した女性は、満足を得た性行為の回数が月に平均4.4回。偽薬を服用した女性は平均3.7回。臨床試験前の調査では平均2.7回だった。

「バイアグラや同種の薬は、男性の大多数に確実な反応をもたらす。フリバンセリンはほどほどだ」と、アルトホフは言う。FDAが過去2回、承認を見送った理由の1つも、効果があまり高くないからだ。

 それでもHSDDに悩む女性にとって、月に1回でも満足を得られる性行為ができれば価値はあるかもしれないと、アルトホフは付け加える。

懸念される副作用

 6月にFDAの諮問委員会で承認に賛成した人々は、失神、吐き気、血圧低下などの副作用について、ラベルに明記するだけでなく改善策が必要だとスプラウト社に忠告した。「同時に服用してはいけない処方薬の名前が列挙され、アルコールと一緒に服用しないことなど、多くの注意事項が記されるだろう」と、ティーファーは言う。


 10月には発売の見込みだ。正しい理解の下、女性たちの心強い味方になればいいのだが。

[2015年9月 1日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

訂正-ドル111円付近で上値重い、引き続き米FBI

ビジネス

日経平均は3日ぶり反落、米政治情勢・英爆発事件が重

ワールド

中国、北朝鮮に安保理決議違反やめるよう促す 「当事

ワールド

仏大統領、ロシア大統領と初会談へ 29日にパリで

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    「最大で178万円」高騰する北朝鮮からの脱出費用

  • 4

    給食費未納の問題を「払わない=悪」で捉えるな

  • 5

    「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間…

  • 6

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 7

    細菌の感染ルートを探るには、お札を追え!

  • 8

    プーチンを脅かす満身創痍の男

  • 9

    菅官房長官「共謀罪法案の人権報告書簡に抗議」 国連…

  • 10

    「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

  • 1

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢

  • 5

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

  • 8

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 9

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 10

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月