最新記事

アップル

アップルが大量の新規採用を始めた狙い

Apple Goes On Retail Hiring Binge

アップルやフォックスコンの大々的なスタッフ募集は、「新たな商品ライン」となるiWatchの発売準備か

2014年7月2日(水)15時38分
キャメロン・フーラー

 アップルが大きな動きを見せている。

 6月30日にネット上で大量の販売員募集を始めたのだ。IT系ニュースサイトのビジネス・インサイダーなどに販売員の募集広告を載せている。

 この募集は、アップルが9月に発売するとみられているスマホ、iPhone 6の発売時期と完全にマッチしているようにもみえる。販売が急拡大するのを見込んで、新規スタッフが必要と睨んだのだろう。募集内容は、パートタイムの販売スペシャリストから店舗のマネージャーまで幅広い。

 長年アップル製品を受託生産する台湾の富士康(フォックスコン)も、iPhone 6の生産需要が高まると見て、6月末に10万人を新規採用した。台湾の経済日報は先週、労働力は特に中国本土で10%近く増加したと報じている。

 こうした大量採用は、フォックスコンとアップルがiPhone 6は人気商品になると自信をもっていることを示している。現行のiPhone 5は、13年9月に発売されたときには、初日だけで275万台を売り上げたと言われ、セールスの新記録を樹立、また販売から3日で900万台という新記録も達成した。iPhone 6も後に続くとなれば、フォックスコンは需要を満たすために新たな労働力が必要になるだろう。

iWatchの販売を見据えた動きか

 関係筋によれば、スタッフが採用から実際に勤務を始めるまでには1カ月以上かかるとみる。発売まであと2カ月の今、アップルの新しいスタッフは新スマホ発売の数週間前に売り場に登場することになるだろう。アップルの広報担当者は新規募集やウェブの募集広告についてはノーコメントだ。

 アップルは、新製品の発売や休暇シーズンのタイミングで週約22時間勤務のパートタイムの販売スペシャリストの採用を開始することで知られる。ただし繁忙期が過ぎれば勤務時間がどんどん減らされるとの批判もあるが。

 アップルの新製品発売は通常、iPhone発売を発売する9月に始まり、iPadを発売する11月のクリスマスの休暇中に終わる。ただティム・クックCEOは随分前から人々が腕時計型端末iWatchだと予測している「新たな商品ライン」の発売も示唆しており、大量採用はiWatchのためでもあるのではないかと見る専門家もいる。

ニュース速報

ビジネス

ECB総裁、政策微調整の可能性示唆

ワールド

メイ英政権は持続不可能、1年以内に再度総選挙=シテ

ビジネス

タカタ会長がエアバッグ問題を謝罪、株主救済「見込み

ビジネス

ユーロ圏で通貨と国債利回りが上昇、ドラギ発言に反応

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 4

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船が…

  • 5

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 6

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 7

    スマホの存在で能力低下 能力発揮したければスマホ…

  • 8

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月