コラム

中国農民の反撃が始まる日

2017年12月19日(火)18時15分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/李小牧(作家・歌舞伎町案内人)
中国農民の反撃が始まる日

©2017 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<北京で出稼ぎ農民の追い出しが始まったが、そのうち怒れる農民たちの反撃が始まるかもしれない>

「北京の歌舞伎町」をご存じだろうか。中心部の東直門近くにある約1キロのストリートに、わが新宿・歌舞伎町顔負けの怪しげな赤いネオンを放つ店がズラリと並んでいるのだ。

「鬼街(コイチエ)」と呼ばれるこの通りに並ぶのは、出稼ぎ農民がやっている飲食店。決してきれいとは言えないが、どの店も安くてうまい。外国人観光客にも人気だったが、この北京版・歌舞伎町はもう存在しない。北京市当局が昨年から「整理」を開始。店を改修させ、道を広げ、好き勝手に立てられていた看板を撤去......と、わい雑さが売りだったこの町を無機質な町に変えてしまったのだ。

北京市郊外にあった「出稼ぎ村」で、火事を理由にした立ち退き騒動が起きてから1カ月になる。付近では立ち退き反対デモが続くが、私は鬼街の整理を見たときから、今回のような事件がいつか起きると予想していた。

現在の共産党政府は、躍起になって汚いものや劣ったものを目の前から排除しようとしている。彼らにとって出稼ぎ農民は邪魔な「低端人口(底辺住民)」にほかならない。しかし劣ったものを排除するのは、共産党が大嫌いな「法西斯(ファシズム)」の総本山、「希特勒(ヒトラー)」のやり口のはずだ。

最近、ネットでは習近平(シー・チンピン)国家主席のやり方を皮肉って「習特勒」というツイッターアカウントが出現(中国語の「希」と「習」は発音が同じ)。出稼ぎ農民を追い出す警察の様子が、ユダヤ人を排除したナチスそっくりだとも批判された。同国人を排除している点で共産党はもっとたちが悪い。

かつて毛沢東は「農村が都市を包囲する」という戦略で中国の支配を確立した。今の中国で起きているのは、「都市が農村を排除する」現象だ。そもそもおかしいことに、毛沢東も鄧小平も、そして習近平も(少なくとも戸籍上は)農村出身者だ。

農民を排除しようとするのは、今の政府が中国農民の怖さを骨の髄まで知っているからかもしれない。

そのうち怒れる農民たちの反撃が始まって、再び「農村が都市を包囲する」、いや「農村が都市を排除する」日が来るかもしれない。

【ポイント】
北京不欢迎你

北京はあなたを歓迎しません

低端人口
低収入、低学歴、底辺産業に従事する主に農村出身の労働者を表す言葉で、北京五輪を控えた07年に北京市政府が初めて公文書で使用した

本誌2017年12月26日号[最新号]掲載

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

カナダ首相、TPP署名を表明 労組は危機感あらわ

ワールド

米民主、メキシコ国境壁建設に関する提案撤回 移民巡

ビジネス

貿易収支、12月は3590億円の黒字 豪向け自動車

ビジネス

NAFTA再交渉、第6回会合始まる トランプ氏「か

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 5

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!